【東京就活】Matcher(マッチャー)は就職活動になくてはならないサービスだと知っていますか?

ケイマツモトです!

大学生にとって初めての就活は「ないない」だらけで大変です。

 

なくて困るものとしては

  • 就活情報
  • 社会人の知り合い

です。

特に社会人の知り合いがいないと結構なハンデになります。

 

逆に社会人とうまくやっている就活生は総じて内定をたくさん獲得している傾向があるんです!

 

そんな大学生が登録しておくべきサービスとして「Matcher(マッチャー)| OB訪問の新しい形」があります。

ケイ
僕もたくさんお世話になりました!!!

本記事ではそもそもMatcher(マッチャー)とはなに?からメリット、使うべき理由を紹介していきたいと思います。

本題に入る前に・・・

Matcherでも社会人に相談できますが

 

就活のプロに無料で相談することもすごく大切なことです!

 

僕が使ってよかったのは「MeetsCompany」です。

 

超優良な企業が特別な選考を行っているイベント。

参加後は就活のプロが内定まで導いてくれる最強のサービスですよ!(内定率96%・・・。ヤバ)

”ケイ”

すぐに予約が埋まってしまうので、開催の日程を確認しておきましょう。

1分で予約完了!↓
i

では本題に入ります!

スポンサーリンク

Matcher(マッチャー)とは?

Matcherは自分が気になる人に気軽にOBOG訪問をすることができる国内最大級の就活支援のサービスです。

OB・OG訪問とは?
「OB・OG訪問」とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容、社内の雰囲気などを知り、「業界、企業研究」を行うこと。引用:マイナビ「OB・OG訪問とは

自分の大学の先輩である必要はありません。

だれでもどんな人でも学生は社会人に相談することができます。

どうやったら相談できる?

会いたいと思った社会人が提示している条件、「してほしいこと」や「一緒にしたいこと」などのお願いを叶えることで、実際に会って就活相談にのってもらうことができるようになります!

例えばこの方であれば・・・

就活の相談にのる代わりに「オススメの映画を教えてください」というお願いを出しています。

就活生はお願いに乗ることで、この方に相談することができます。

すごく簡単な仕組みですね!

登録の方法は?無料?

Matcherへの登録はFacebookのアカウントか携帯電話の番号によって行えます。

 

もちろん無料です!

 

Facebookのアカウントに登録している方であればすぐに使い始めることができます。

そうでないという方も電話番号のみで作成できます。

危険ではないのか?

僕自身、10回人以上の方と会ってきています。

ただ「危ない」とか「この人やばいかも」と思ったことはありませんね。

女性の方は心配だと思いますがMatcherには女性のOGの方もたくさん登録をされているので安心できますね。

 

またMatcherにはレビュー機能があります。

相談をした就活生がOBOGのことをレビューしているので、危険な人は会う前にわかりますよ!

どんなOBOGとマッチングすることができるのか?

Matcherには他の就活サービスではありえないような社会人と会えるのが特徴です。

大企業からベンチャー企業まであらゆる会社、業種、職種の方が登録してるんですよ!

ケイ
選びたい放題ですね!笑

例をあげるとするならば・・・

  • ヤフー
  • ソフトバンク
  • GMO
  • サイバーエージェント
  • KEYENCE
  • DeNA
  • 三菱商事
  • リクルート
  • オープンハウス
  • 住友不動産
  • みずほ銀行
  • 住友商事
  • マッキンゼー

などなど今確認しただけでもこれだけの企業が揃っていることがわかります。

ケイ
ただ、サービスの特性上ベンチャー気質のある企業が多い印象ですね。

優秀な人が多い?

Matcherの中にはかなりの実績やスキルがある社会人の方が登録しています。

それもそうですよね。

自分の仕事で手一杯なら就活相談などは乗れないので笑

なので不安なことや悩み事がある就活生が相談すれば、打開策を見つけられる可能性も高いですね!

スポンサーリンク

Matcher(マッチャー)を使うメリットは?デメリットは?

就活生がMatcherを使うにはたくさんのメリットがあります。

メリット1. 自己分析ができる

就活をする中で大変なことの1つとして自己分析がありますよね。

僕も就活中なんどもなんどもやり直しては、違和感を感じてと繰り返していました。

Matcherを使っている社会人は自己分析を就活でしてきた先輩ですし、「自己分析の達人」もいます。

そのような方との対話を通して、アドバイスを通して、他己分析をしてもらうことで自己分析を深めることができますよー!

メリット2. 働いている人の雰囲気を知れる

会社選びので大切な要素は「人」でもあります。

騒がしいのが嫌いで、落ち着いて仕事をしたいと思っているのに体育会系でわいわいやっている職場に入ってしまったら、いやですよね?

企業には独特の雰囲気があります。

Matcherで気になっている企業で働いている人に会いに行くことでその雰囲気を汲み取ることがきます。

メリット3. 選考対策ができる

もしある程度入りたい企業が決まればMatcherでOB・OGを探して、選考対策をしてもらうことができます。

その企業で実際に働いている人の目線で選考をしてもらえるので予行演習としても使える!

メリット4. 「働く」の生の声を聞くことができる

今までは大学生としてバイトでは働いた経験はあるものの、本格的に社会で働いたことがない人がほとんどです。

 

就職活動とは「働く」ということに対して向き合うことでもあります。

 

「自分がどんな仕事をしたくて、どんな人に価値を提供したくて、どれくらいお金をもらいたくて」などです。

すでに働いている先輩である社会人の方と本音で語り合うことは就活にとっては大事なことですよ〜!

デメリット1. やった気になってしまう

Matcherを使ってOBOGと会って「やった気になってしまう」就活生もいます。

あくまでも、就活を円滑に進めるための手段であることを認識しておきましょう。

デメリット2. 経歴がいかつくて会いにくい人がいる

〜高校
〜大学
〜college
〜社 最年少売り上げ達成
〜社 からヘッドハンティングを受け転職

まさに、会いにくいですね笑

デメリット3. 地方では使えない

地方大学から就職活動に使おうと思っても地方で募集しているOBOGはほとんどいません。

ちなみに関東でもある群馬で検索してみましたがかろうじてひとりいらっしゃいました。

群馬の方はぜひ相談してみてください!

Matcher(マッチャー)の口コミや評判は?

本記事ではTwitter 上での口コミを集めてみました。

どうやらMatcherないに新卒のイベント会社や人材紹介の会社が多く紛れ込んでいることがあるらしいですね!

しっかりとレビューと会社名を見て、相談しにいきましょう!

スポンサーリンク

どんな流れで相談できるの?

実際のやりとりを見せたいところ。

ただプライバシーの関係がある(編集がめんどくさい笑)のでこんな感じだよということで見せていきます。

まず気になる企業の先輩がいてお願いに答えられそうだなと思ったら「プランに申し込む」をしてみてください。

相手の方が承認してくれるとマッチングし、メッセージのやりとりができるようになります。

補足
マッチングしたら積極的にこちらから挨拶をしましょう!

〜実際の流れ〜

ケイ
こんにちは、承認ありがとうございます!〜大学のケイと申します! よろしくお願いいたします!
OB
こんにちは!〜会社の〜です。よろしくね!今回は会社について詳しく知りたいとのことだけど、大丈夫かな? 他に何か聞きたいこととかある?
ケイ
自己分析についても少し相談したいです。
OB
わかったよ〜。この日の何時とこの日の何時が会いてるけど予定はどう?場所は新宿のカフェで!
ケイ
では~日にお願いしたいです!よろしくお願いします!

という感じで実際に会って相談していくことになります。

Matcherはこんな人におすすめ!

  1. 就活全般の悩みがある人
  2. 企業についてもっと知りたい人
  3. 人生の悩みがある人
  4. 地方大学の就活生

に当てはまる方はぜひ登録して使ってみてください!

まとめ

Matcherは強い就活の味方となってくれるでしょう!特に就活のことで悩んでいる方や僕のような地方大学の就活生は特に。

社会人の方とのつながりが少ないのでこのようなサービスを使って増やしていくと効率的に進めることができます。

ただ一部怪しい方もいるらしいので、しっかりと調べてから会うことをオススメしますよ。

 

下記に【20卒】の就活生にはぜっったいに登録しておいた方がいいサービスをあげておいたので参考にしてみてください!!!

Mathcerの他にも使いたい就活サービス一覧(全て無料!)



スポンサーリンク



スポンサーリンク