【ワイルドだろ〜】世界のやばいサバイバル家まとめ(エドスタフォード・ベアグリルス)


スポンサーリンク

こんにちは!ケイマツモトです!

現代は頑丈な家があって寒さで凍え死ぬことはないし、お腹が減ればスーパーやコンビニで何か買ってお腹を満たせるし、何不自由のない生活が送れていますよね。

でもそんな生活に飽きてきていませんか

人間は本来、自分で火を起こして、家を作って、食料を取ってきてとまさに生きているを実感できる毎日を送っていました。なので身体にはその感覚が染みついているはずです。

今回はそんな人間の原点に立ち返って、大自然の中で果敢に格闘して生活する世界の有名サバイバル家をご紹介していきたいと思います。

極限への挑戦!エド・スタフォード(Ed Stafford)


出典:KFTV :Adventurer Ed Stafford talks solo filming challenges | KFTV News

イギリス出身で元軍の兵士であったエド・スタフォード。

彼の極限への挑戦には誰もが圧倒されます。

エドが世界に名を馳せたきっかけとなったのは、2008年から約2年4ヶ月をかけて世界で初めて南米のアマゾン川を源流から河口までの6500キロを踏破したというもの。(英国人男性が南米アマゾンを踏破、「アマゾンの生活を知ってほしい」 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

アマゾン川踏破の途中には蚊や蜂に刺されることは5万とあり危険な戦闘民族に襲撃されたり、監禁されたり、普通に生活していてはありえないような危険の連続だったといいます。

ケイ
やばすぎるの一言につきますね笑

また最近ではディスカバリーチャンネルでの「ザ・秘境生活」が大人気です。


www.youtube.com

ザ・秘境生活ではエドが水なし、衣服なし、サバイバルキットなし同行スタッフなしという文字通り真っ裸の状態から、サバイバルの様子を撮影するカメラだけを持って秘境で一定期間一人で過ごすというクレイジー企画。

サバイバル中エドが大切だと言っているのは「水」「火」「基地」「食料」の4つをまずは確保することだそうです。

エドの魅力はしっかりと環境を分析して、戦略を練ってから行動に移していくという冷静な点とどんなことがあっても諦めない軍隊仕込みの精神力の強さ

サバイバルというと何も考えずに「うおーーーー!」って突き進むイメージがありますが、どうやら違うようです。笑

またエドは大自然の中でサバイバルすることを通して自身が感じた、人生観についても語っており、動画を見るだけでもたくさんのことを勉強させられます。

今Youtubeで期間限定で
「ザ・秘境生活」が見られるのでこの機会にぜひ見てみてください!


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

サバイバル界の神! ベア・グリルス(Bear Grylls)


出典:mensxp : How Bear Grylls Challenged Odds And Became A Real Survivor

ベア・グリルスという名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

イギリスで生まれ、軍の特殊部隊SAS出身の圧倒的な知識とスキルを持ったベア。

1998年に幼少の頃からの夢であったエベレスト登頂を23歳(当時英国登山家最年少記録)で成し遂げ、ギネスブックにも認定されています。

ベアの代名詞といえば「虫食い」


www.youtube.com

ケイ
彼の動画ではだいたい毎回のように虫を食べています。笑

ただ「生きる」ということを第一優先にしているので味がどうとか気持ちが悪いとかは気にせず、ただのタンパク質の摂取とのこと。

ベアの魅力は圧倒的な知識と経験値、スキルを持っているからこそ出せるスピード感と奇妙でクレイジーに見える行動でもそこには合理性が伴っているという点です。


www.youtube.com

この動画を見てもらえばわかるのですが、決断と行動のスピード感が異次元。

また下記の動画ではラクダの中で寝ています。 普通に生活していてラクダの中に寝ることってまずないですよね笑
ただこれも砂漠で生き抜くためには必要な行動とのこと。

www.youtube.com

ベアの話し方からは知的さが感じられますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?世界の中でもエド・スタフォードとベア・グリルスは特に異次元で素晴らしいサバイバル家です。

彼らに共通している点は一見無謀な行動に見えても、そこにはしっかりとした根拠と見込みがあるということ。また自然への敬意を忘れていないということです。

すごくかっこいいし僕もやってみたいと思いますが、1日も持たなさそうですね。笑

みなさんは生きていけそうですか?

興味があれば色々と動画を見てみてください!


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com



スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です