文系大学生がプログラミングの勉強を始めた訳【ブログ】

こんにちは!ケイマツモトです。

 

僕は高校〜大学まで圧倒的に文系を極めてきたの根っからの文系人なのですが、なんとこの度・・・

 

プログラミングを勉強し始めました。

 

友人
文系大学生なのに?できるの?

 

という質問をたくさんいただいております。

正直、まだプログラミングの勉強を初めて3日目なので、「こうだ!」とは言い切れないですがw

 

ただ本記事では簡単に

「なぜ文系大学生である僕がプログラミングの勉強を始めたのか?」という理由と

「どんな言語で、どんな勉強をしているのか?」という方法

などを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

なぜ文系の大学生がプログラミングの勉強を始めたのか?

正直なことを言うと

最近まで「プログラミングや、IT、テクノロジー」は自分とは関係ないと思っていました。

 

そもそもここまでずーーーと文系でやってきたし、数学とか苦手だし・・・と思っていたんですよね。

 

ただ僕はもともと小学生のころから「社長になりたい!」と思っていて、最近はどんな事業をやろうかと色々と考えていたんです。

そんな時ふと、当たり前のことなのですが、自分の中では圧倒的な気づきを得てしまったんですよね。

 

ケイ
テクノロジーを使わないビジネスなんてほぼないし、むしろITは今後その重要性を増していく・・・。

 

ということに。

本当当たり前のことなんですけどねw

でもそれを痛感しました。

 

環境的にもITの技術は進化していくし、

また日本はどんどんど人口が減ってきている中で、人手不足をカバーするのはテクノロジーやITの力しかない。

 

「ITは世界を変える」まさにです。

 

そもそも今の時代ITがないとまともに生活もできませんしね。

ITの可能性を理解していない自分に、

またこれから起業していく者として今の自分の知識に危機感を覚えことが文系大学生の僕がプログラミングを学ぶきっかけになりました。

プログラマーになりたい訳ではない

友人
プログラマーになりたいってこと?

という質問もよく友人から受けます。

 

答えはNOです。

 

もちろん、自分でプログラミングをしてなにかプロダクトを作れるようになればいいと思いはあります。

 

ケイ
というか作りたいサービスもありますw

 

ただそれ以前プログラミングを自分で勉強することで

  • プログラミングの基礎を学ぶ
  • ITの可能性に触れる

などができればいいかなと思っています。

 

起業家として、経営者として

ITの力を使ってどうやって目の前にある問題を解決できるのか?

ITの力を使ってどこまで世界を変えられるのか?

という発想ができる人材にならないといけないなと思いました。

 

なので一旦のゴールとしては

自分がプログラマーになることではなく、

プログラミング学習を通して、新しい可能性に挑戦したいということになります。

 

結局、

起業してIT人材を雇うにしても自分がITを理解していなければ、適切な人材を、適正な費用で雇うことすらできないですからね。

 

つまりプログラミング学習は僕にとっては手段です。

 

スポンサーリンク

どのプログラミング言語をどうやって勉強しているのか?

学んでいる言語は?なんで?

文系大学生である僕が学んでいるのは

Ruby と Ruby on rails というプログラミング言語になります。

 

なぜ数ある言語の中からそれらを選んだのかというと

  • Twitter や Airbnb もRubyで作られている
  • 初心者が学びやすい
  • Rubyは日本人によって開発された
  • 日本語の情報が多い
  • 自分が作りたいプロダクト、やりたいこととマッチしていた

という理由です。

 

僕の場合は目的がITの基礎、可能性を起業のために学ぶことなので

「学びやすくて、理解しやすい、流行っているもの」がいいかなと思ってRubyを選択しました。

 

どうやって学んでいる?どれくらいの時間?

今まだRubyを学び始めて3日目なのですが、

まずは 1つ目として「progate」 という初心者向けの教材で学んでいます。

月々は約1,000円で、ゲーム感覚で学習が勧められるので、楽しく始められます。

 

また寝る前などは動画で見ながら学習できる「ドットインストール」を使っています。

「ドットインストール」は基本無料なので、お金がない大学生にはもってこいですねw

 

学んでいる時間としては1日6時間くらいです。

朝の9時〜12時までと、寝る前の11時〜2時くらいで集中してやっていますよ。

 

文系大学生でもプログラミングはできるのか?

正直今の時点ではわかりません。

ただこれまで学んできている方のブログなどを見ていると、

「大丈夫そう」というのが結論です。

 

プログラミングには数学的な脳は必要なく、論理的な思考が必要らしいです。

例えば・・・

「この機能を使うにはA,B,C,Dという要素が必要だな」と言った具合に。

 

ただ共通して書かれているのは

 

プログラミングを勉強する目的をまずは明確にすること

 

ということですね。

 

プログラミングの学習は相当大変なようでなんども挫折感があるらしいのです。

なので生半可な気持ちでやっているとすぐにやめてしまうとのこと。

 

例えば・・・

彼女と自分だけのチャットアプリを作ってラブラブしたいんだ!

という目標を立てて勉強をするのでもいいw

 

実際、僕もプログラミングを勉強し始めてまだ3日目ですが、30回以上は「きつい、やめたい」と思いました。

ただ自分の起業の夢のためならと今のところ頑張れています。

 

ケイ
この先どうなるかはブログをチェック!w

今後はどんな計画か?

まずはRubyの基礎を固めていきたいと思っています。

方法としては先ほども説明した

  • progate
  • ドットインストール

を活用して進めていきます。

ある程度基礎が付いてきたら、自分で手を動かしながら簡単なプログラミングを作ってみたり、オンライン教室やスクールに通いたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

大学生がプログラミングを学ぶべき理由

大学生なら絶対にプログラミングを学んでおくべきだと思います。

  • IT人材が不足しているので就職が有利
  • 人生の選択肢が増える
  • 他の大学生と差別化ができる
  • 時間がある

という理由がありますね。

 

大学生で「プログラミング」という存在に気がついただけでも、かなりのアドバンテージはあると思います。

また環境的な要因からもITの重要度は今後増していくことは確かです。

なので大学生である今こそ学ぶのがいいのではないでしょうか?

まとめ

もしいまこの記事を読んでいる文系の大学生の方で時間があれば、プログラミングを学び始めてはいかがでしょうか?

 

大学生がプログラミングを学ぶべき理由はこれでもかというくらい揃っています。

 

逆に今がチャンスだと思って勉強をしておかないと社会の流れに付いていけなくて、後悔するのは自分自身です。

また文系だからと諦めるのももったいないですよ!

勉強は最大の投資なので、時間がある大学生のうちにたくさん学べることは学んでおきましょう!

では!



スポンサーリンク



スポンサーリンク