カフェの店員さんと恋愛したら代金が毎回無料だった話


スポンサーリンク

ケイマツモトです。

今回は僕がマレーシアに住んでいた時に経験した

「行きつけのカフェの店員さんといい感じの関係になったことで代金が毎回、無料になっていた話」

をしようと思います。

いつも行くカフェのかわいい年上の店員さん

僕は2017年〜10ヶ月間マレーシアで海外インターンをしていました。

>>>【マレーシアインターン】仕事内容、スケジュール公開します!【ブログ】

毎日死にそうになるほど働いていたんですね。

かつ会社がクアラルンプールという都市から30分くらい離れていた田舎だったのでやることがなかったのです。

 

そこで見つけたのが、近くのおしゃれなカフェ。

 

値段は日本と変わらないほどでしたが、何よりも雰囲気が最高でした。

もちろんコーヒーは僕好みだし、ご飯も美味しい割には人が入ってなく落ち着けるスペースだったんですよね。

気がつくと休みの日には絶対に行くようになっていました。

そこで仕事をしたり映画を見たり、日本の友達と電話をしたりと自由な時間を過ごすのが好きでした。

かわいい店員さんが


(実際のお店のカップ)

僕が行く時にいつもいる店員さんがいたんですね。

その彼女はいつも笑顔で接客してくれていました。

ケイ
かわいいな〜。

と思っていましたが、特に話すこともなくカフェには通い続けていました。

するとある日の会計の時、

「いつも来てくれてありがとう!どこ出身なの?日本?韓国?」

と声をかけてきてくれたのです。

猛烈に嬉しかった反面、急なことでびっくりした僕は頬をほてらせ

ケイ
ア、ア、アm Japanese

と緊張しながら言いました。

「そうだと思ったよ!日本大好き!」と言われました。

僕は彼女に連絡先を聞きました。

でもすんなりOK!

そこから連絡を取り合うようになりました。

客と店員の恋愛に・・・カフェはいつもおごってくれる

それから僕はいつも以上にカフェに行くようになりました。

するといつも注文の時に

「料金はいらないの。席に座っていて」

と言われていました。

さすがにと思い、毎回お金を出しますが返される始末。

店にお客さんは少ないので彼女は僕のコーヒーと自分のコーヒーを持ってきて、僕の前の席に座ります。

そこから30分くらいお話をするというのがいつものデートでした。

しかもご飯もデザートまでつけてくれるという優しさ。


(おしゃれで美味しかった)

また暇な日には「外に遊びに行こうよ!」と言われよくデートに行っていました。

思い出深いのは

一番思い出深いデートは彼女の友達のベトナムの女性とその夫のインドの男性、4人で映画を見にショッポングモールに行ったことでしたね。

そこで見たのがインド映画。

噂通り長くて、3時間くらいかな?ぶっ続けで見せられました。さすがに疲れましたね。

その時も彼女が全てお金を出してくれていました。

ケイ
もちろん払おうとしていますが、絶対にそれをさせてくれない。

 

そうひも男は生まれたのです。

 

カフェに行くたびに食事と美味しいコーヒー。そしてかわいい女の子とデートに行きながらもすべて払ってくれるというまさに天国。

しかしその生活もインターン期間の終了と共に終わりを迎えました。

最後に別れを告げた後は会うこともなく、その後彼女もそのお店を辞めたとのことです。

客と店員の恋愛はドキドキで楽しい

僕の場合は海外でしたが、自分がお客さんでもお店のスタッフでもどちらの場合でもそこで生まれる恋愛はすごくドキドキします。

特に「働いている時に見せる顔」と「自分だけに見せる顔」このギャップがたまらなくいいですね。

また周りのお客さんに気がつかれないようにアイコンタクトをしあったり、少し話したりするのも新鮮でよかったですね。

皆さんの中にも今もし気になっている店員さんやお客さんがいればぜひ勇気を振り絞って声をかけてみてはいかがでしょうか?

僕みたいなひも男が生まれるかもしれませんよ。

居候男のエピソードはこちらから
>>>【海外旅行を勧める理由】パタヤの女性の家に1ヶ月居候していた話



スポンサーリンク



スポンサーリンク