【地方学生】東京就活の交通費はどれくらい?節約の方法を紹介します【裏技】


スポンサーリンク

地方大学で19卒就活組のケイマツモトです。

僕のような地方学生が東京で就活をする時に大きな問題になるのが交通費です。

何度も選考や面接で東京に足を運ばなければならないのに・・・

 

東京に行くお金がない。どうしよう。

 

そんな悩みを抱えている地方就活生も多いはずです。

しかし節約する方法やサービスはたくさんあります。

本記事では東京就活にかかる交通費がどれくらいなのがと具体的な節約の方法を紹介していきたいと思います。

地方学生の就活費と交通費はどれくらい?

引用:2018年卒 Vol.11 10月1日時点の就職活動調査 キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年10月発行) | 株式会社ディスコ キャリタスリサーチ

2018年の10月に全国の就活生向けに行われた、就活費用の調査では上記の画像のような結果が出ています。

関東以外の就活生の費用は?

北海道、東北、中部、近畿、中国四国、九州・沖縄の学生が就活に使った

就活費用の合計平均は、

180,037円

とのことです。

東京の就活生は118,891円なので約1.5倍ほどかかっていることがわかります。

大きな原因は交通費

交通費に注目して見ましょう!

地方学生の多くが交通費にお金をかけていることがわかります。

平均91,408円

かかっていますね。

東京学生の約2倍ほどかかっていることがわかります。

 

ではこの地方学生にかかる交通費を節約できるのでしょうか?

考えていきましょう。

地方学生が東京就活の交通費を節約するためには?

まずはじめにわかってほしいことがあります。

 

交通費を下げたいがために、就活自体の活動を減らしてはいけないと言うことです。

 

就活はその後の人生を左右する大事なイベントです。

活動を減らしてしまうと企業とのマッチングがうまくいかなくなり、後々後悔するのは自分ですよ?

 

なので今回紹介する地方学生の就活の交通費を節約する方法は・・・

  • 行動数を変えない
  • 地方からできることをやる
  • 就活をしながら支援を受けられる

という基準で選んでいます!

 

では実際の方法を確認していきましょう!

地方学生が交通費を節約するためにしたこと

ちょっとしたテクニック3つ

1. 予定は詰めて上京する

地方学生が東京にいられる期間は限られています。

よくいるのが1つの予定のためだけに東京に行って、そのまま帰ってきてしまうというパターン。

これすごくもったいないです。

できるだけ東京に滞在する日には予定を詰めておきましょう。

補足
東京での場所の移動は約1時間を見ておくといいです。なので1日3~5件の予定を目標にしておきましょう。

 

2. 移動はなるべく少なく

都内での移動費も積もり積もって大きくなります。

僕も「まあ180円くらいの移動だからいいか」と思って使っていると平気で月に1万円とか行ってしまいます。

なので可能であれば移動は少なく、エリアで固めて予定を入れておくといいですね。

 

3. 交通費支給の企業を受ける

荒技かもしれませんがw

特に大手企業や資金が潤沢にある企業の面接や選考の際に支給してもらえることが多いです。

自分が少しでもいいなと思えば、就活の練習にもなると思って使ってみるのもありだと思いますよ。

 

交通手段を検討する

主な交通手段には

  • 新幹線
  • バス
  • 電車
  • 飛行機

が挙げられます。

これらを安くする方法はさまざまな比較サイトを見て検討すると言うことです。

購入、予約する時期やサイトによっても値段が違うのでしっかりと確認しましょう!

 

ここからは地方学生の就活交通費を節約できるアイデアを紹介しますね!

 

1. ヒッチハイクをする

上京するのにヒッチハイクをしてみてはいかがでしょうか?

僕の友人にも結構これで交通費を浮かせているひとがいます。

ただ疲れる、予定通りに行かない、などのデメリットもあるので検討は必要ですが方法の1つではあります。

 

2. 相乗りサービスnottecoを使ってみる

nottecoはヒッチハイクではなく、目的地まで行きたいひとを集めて一緒に車で向かうとい新しいサービスです。

もし希望の日時に一緒の目的地に行く人が入れば安い価格で乗せて行ってもらえます。

また楽に東京に行くことができますね。

地方学生に交通費を支援してくれるサービス!

サポーターズ

「サポーターズ」では就活生向けの様々なイベントの情報がのっています。

その中から行きたいイベントに登録して行くことで、後から交通費を支給してもらえます。

地方学生であれば3,000円一度のイベントにもらうことができるので、東京いる間になんども参加することで、交通費をまかなうこともできます。

補足
使用する場合にはなるべく、自分の興味のあるイベントに参加することを心がけましょう。

ジョーカツ

「ジョーカツ」では登録して条件を満たすと

  1. 東京に最大3週間で泊まることができる
  2. 交通費1万5千円をもらうことができる

という特徴があります。

交通費を節約するの出はなく、もらってしまうという荒技が使えますw

地方にいながら就活をすることで交通費を節約!

考え方としては地方にいながらできる就活をすることもありです。

すると東京に行く回数を減らすことができるので交通費の節約になりますね!

ねっとで合説

企業の合同説明会のためだけに上京するのはちょっと・・・

という方におすすめなのが「ねっとで合説」というサービスです。

家にいながらスマホだけで説明会に実際に参加したこととみなされます。

紹介記事はこちら
【ねっとで合説】なら家にいながら企業説明会に参加できる。評判や使い方を紹介。

MeetsCompany

地方で開催される東京の企業があつまるイベントがあるならば絶対に行っておきたいところです。

「MeetsCompany」のイベントの特徴は

  • 厳選企業しかいない
  • 即日内定がでることもある
  • イベント後もアドバイザーが内定までフォローしてくれる

というおんぶに抱っこの人気イベントです。

地方学生は必ずチェックしておいたほうがいいですね。

紹介記事はこちらから
【即日内定も】「内定ゼロ、どうしよう。」と焦る就活生は「Meets company」のイベントに参加しよう!

まとめ

地方学生の東京就活では多額の交通費がかかってしまうのが現実です。

ただ就活自体の行動数を減らしてしまうと、満足のいく就職先を見つけられる可能性が低くなってしまいます。

 

まさに板挟み状態ですよね。。。

 

なので「どうやって交通費を抑えることができるか」を考えることが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

地方就活生向け記事↓

>>>【地方学生】就活を支援してくれる無料サービス10選を紹介!【おすすめ】

>>>地方学生の東京就活は不利!その理由と対策を【現役大学生】が力説します!【格差】



スポンサーリンク



スポンサーリンク