【現役】国立大学の経済学部の実態!どんな勉強するの?就職先は?恋愛は?に答えます


スポンサーリンク

ケイマツモトです。

僕は地方国立大学の経済学部の4年として在籍しています。

特に経済学部は「チャラ経」「暇経」「専門性がない」などと馬鹿にされることがよくあります。

なので本記事では現役で国立大学の経済学部に在籍している僕からみたリアルをお伝えしようと思います。

これから進学を考えている受験生は参考にしてみてください!

一般的に経済学部で学ぶこととは?

そもそも経済とはお金に関する人間の消費や生産、サービスなどのことを総称して経済というので学部や学科に落とし込んで見るとその種類は様々です。

学部や学科の名前としては下記のようなものがあります!

  • 商学
  • 政治経済
  • 経営
  • 経済
  • ビジネス
  • マネジメント
  • 国際経済
  • 応用経済

などなど切り口や見方によって細かく分かれています。

ちなみに僕の大学では「経済学部」は「経営学科」と「経済学科」という学科に分かれていました。

経済学部が学ぶことは「マクロ経済」や「ミクロ経済」「経営」「マネジメント」「金融」などを基本に学んでいきます。

大学の学部レベルだと本当に経済の原理や歴史など基本的な考えを学ぶことになり、大学院では専門分野を絞って研究していくことになります。

国立大学の経済学部生の実際に本音で答えます

国立大学に進学するメリットは?

国立大学に進学するメリットはこちらの記事に詳しく解説したので、ご覧ください!
【評判と実際】現役大学生が地方国立大学に入学して見たリアルをお伝えします【駅弁】

経済学部にはどんな人が多い?

  • 勉強ガチ勢・・・・・・・・・・・・1割
  • 勉強そこそこ・遊びそこそこ勢・・・3割
  • 勉強しない・遊びしたい勢・・・・・4割
  • 何もしない勢・・・・・・・・・・・2割

基本的には「THE・大学生」がほとんどを占めています。

他の学部からの見え方は?

冒頭でも説明したように他の学部からは

チャラ経(遊んでいる、チャラい人が多い)

暇経(暇な人が多い)

とよく言われます。

ただ私立大学の経済学部よりかはその割合はかなり低いと思いますよ笑

経済学部で得したことは?

経済学部で良かったと思うことは「経済の仕組みが学べたことです!」と答えたいところですが、僕はそうではありません。

もちろん真面目に勉強をしていればそういうことができますよ!w

僕の場合、得したことは経済学部は特に実験や研究、フィールドワークなどの時間を使ってやることがなく、授業も参加せずにテストだけ出席すればいいことがほとんどなので、大学生としての時間がたくさんできたことです。

つまり経済学以外の興味を広げられる点です。

ケイ
なんとも言えない感じw

経済学部で損したことは?

すごくゆるい感じの雰囲気で、先生方からも課題は出されず、授業に出席しなくてもテストだけ頑張れば単位は取れてしまうので、勉強しなくなるという点ですね。

またそのことから他の学部の学生は専門知識を有していることがあるのですが、経済学部の学生は語ることがほとんどありません。

経済の勉強楽しい?

正直、人によりますが僕の大学の周りの友達レベルでいうと「楽しい」と思って勉強をしている人はいなかったです。

僕自身も経済全体の話には全くついていけず、楽しいと思ったことはありませんでしたね。笑

というのも経済学部って「学んだことを社会で活かせる」というようなイメージがあると思うのですが、それは学部レベルではほとんどあり得ないです。

大学の学部で学ぶことは基本的な経済の仕組みや用語、歴史などで本気で勉強しないと社会で役に立つことはありません。

就職先は?

地方国立大学の経済学の就職先はある程度決まっています。

  • 公務員・・・4割
  • 金融関係・・4割
  • 民間・・・・1割

みたいな感じですね。

経済学部で不利なことある?

経済学部は専門的な知識がない一方で、就職先は幅広い業界や業種から選べるというメリットがあります。

技術職につくことは難しく、専門性もないですが、サークルや課外活動などで得た経験やコミュニケーション能力が評価されることはよくあります。

ゼミは楽しい?

周りの大学の友達は楽しんでいる人が多いです。

というのも経済学部(文系学部)は高校でいうクラスのようなものがありません。

なので友達は非常に少人数で固まってしまいます。

しかしゼミに入ると今まで絡んでこなかった大学生と授業や研究をするので仲良くなりやすく、強い絆が生まれます。

また基本的には経済のなかで自分が好きな分野のゼミに入ることができるので、学ぶことが楽しいと感じます。

恋愛は?

国立大学の学部の中でも男性の割合と女性の割合が5:5くらいの大学が多いので、その中で彼氏や彼女ができるケースはよくあります。

また経済学部は学部の中でも花型と言われることも多く、恋人がいる人はいます!

一方で大学4年間を通していない人はいません笑

国立大学の経済学部はこんな人にオススメ!

  • 経済・経営・ビジネスに興味がある
  • 興味のある分野が決まっていない
  • 勉強以外もしっかりとやりたい

このような高校生にはオススメできます。

もちろん「将来的に〜がやりたいから」という理由で入ってくることが一番です。

ただ興味は変わりやすいので潰しがきくという意味でも経済学部はいい学部だと思っています。

まとめ

国立大学の経済学部は

「経済・経営・ビジネス」に興味がある人

「何に興味があるかわからない。大学で見つけたい」人

にはすごく向いていると思います。

ただ経済学部では普通にしていたら専門性はつきません。将来に役立つこともありません。

なので国立大学に入学することが前提で経済学部でなにか得ようと思うのであれば人以上の努力と人がやっていないことをやることが必要になります。

皆さまがよい進路選択ができることを願っています!



スポンサーリンク



スポンサーリンク