「就活失敗した」と悩む人がすべきことの全て【就職活動】


スポンサーリンク

ケイマツモトです!

この記事にたどり着いた人は

  • 面接が落ちて悩んでいる人
  • 内定がゼロの人
  • 就活がいつまでも終わらない人

だと思います。

内定がゼロだと友達や親に見せる顔がないですよね。

このままでも大丈夫かなと心配になりますよね。

でも「絶対大丈夫!」だと僕は言いきれます。

本記事ではなぜ内定がゼロでも面接に落ちても大丈夫だと思うのかという訳をシェアしていきたいと思います。

実はあの人も就活では全敗だった?

アリババという会社を聞いたことがありますか?

アリババとは1999年にジャック・マーという方が作った「Amazonを超える」とも言われている中国最大の通販サイトです。

その時価総額は50兆円と言われています。

そのジャック・マーも就職活動では30回も断られたと言います。

30回ですよ? みなさんは何回断られましたか?w

内定ゼロでも就活はいつかは終わる

ジャック・マーは時価総額50兆円もの企業をのちに創業しているのに、なぜ就職活動では全敗だったのでしょうか?

それは人には個性があり、向き不向きがあり、生きるための選択肢は無数にあるからです。

あなたの長所はたくさんある

ジャックマーが就活向きでなく、起業家向きであったように、人にはたくさんの長所と短所があります。

長所がないということはありえないと思っています。

その長所と企業が求めていることがマッチして初めて内定となります。

内定がゼロの就活生はそのマッチがうまく行っていないだけです。

会社は無数にある

会社は数え切れないくらに世界中にあります。

1社落ちたからといって、他に受けても受けきれないくらいたくさんあるので心配しなくて大丈夫です。

また仮に落ちた会社に入ったとしても「自分がやりたかったこと」「充実感を得られるか」どうかはわかりませんよね?

だから逆に面接を落としてくれて、他の企業を見させてくれるチャンスをくれてありがとうというべきです。

就職が全てではない

なぜか日本には「大学生=就職」というイメージがありますが、就職以外にも生きていく道はたくさんあります。

簡単に例をあげると

  • フリーランス
  • 起業
  • 放浪
  • バイト
  • ワーホリ

などなど。

その中から自分のライフスタイルにあったものを選ぶことができます。

まったく心配になる必要はありません。

内定がゼロの問題点は明確

就職活動に話を戻しますが、内定がゼロなのには必ず理由があります。

人がやっていることをやっていなかったり、できていなかったりすることが問題です。

基本的に就活生の能力には差がありません。

内定がゼロの就活生の原因とは?

では内定がゼロの人のどこに原因があるのでしょうか?

それは簡単な3つのことです。

  1. リサーチ不足
  2. 就活スキル不足
  3. そもそもマッチしていない

これだけです。

リサーチ不足

企業ごとに採用の基準はある程度決まっていて、採用の傾向があります。

つまり「〜という考え方で、〜という問題意識を持っていて」みたいな感じです。

「今までにどんなESが通っていて、どんな質問に対する回答が効果的で、どんな人が内定をもらっているのか」をしっかりと調べることで基準を突破できる自分を作ることができます。

リサーチができれば内定がゼロになることはありません。

そこでお勧めしたい就活サービスが「就活ノート」です。

就活ノートでは下記企業毎に選考を突破したESや合格体験記を覗き見ることができます。

今まで受かってきた人を真似することで「内定をもらえる自分」を作ることができます。

1分で無料で完了↓


就活スキル不足

就活スキルとはグループディスカッションであったり、会話の仕方であったり、面接の答え方です。

300キロで走れるスーパーカーがあってもガソリンがなかったら走れませんよね?

就活生も同じで、すごく良い人で能力もあるのにそれを人に伝える術がなかったらそれは面接に落ちて内定がゼロになってしまいます。

そもそもマッチができていない

会社にはそれぞれ雰囲気や特性、欲している人材があります。時期や年によっても違います。

具体的な例でいうと例えば

営業力はあるが戦略を練る人材がいないので、売り上げが伸びていない会社があるとします。

その企業が新卒として欲しいのは営業力がある新卒ではないですよね?

勉強をしてきて分析がしっかりとでき、戦略が立てられそうな人材を求めています。なので能力が高くてもその会社が欲していなければ面接で落ちてしまいます。

マッチをするためにはまずはイベントに参加してみることが手っ取り早いです。

僕がお勧めするのは「MeetsCompany」のイベントです。

このイベントでは激選された企業が一堂に集まり、選考が受けられます。早い人就活生だとその日のうちに内定が出ます。

またその後個々人にプロの就活アドバイザーがつき、内定までしっかりとフォローが受けられます。

1分で登録!↓

まとめ

面接に落ちて、内定がゼロで「人生が終わった」みたいな考えをする方がいると思いますが、それは全く違います。

むしろ面接に落ちたから新しい選択肢を選ぶチャンスができたと考えるほうがよっぽど正しいと思いますし、実際にそうです。就活はいつか終わります!

僕も面接に落ちた経験があるので辛いのはわかりますが、じゃあ「なんで落ちたのか?」「どうすればよかったのか?」をしっかりと反省すると次にうまくいきますよ!

皆さんの人生の選択がうまくいくように願っています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記に今回紹介したサービスをまとめておきますのでぜひ活用してみてください!



スポンサーリンク



スポンサーリンク