【同棲歴2年】大学生の同棲ってどう?メリットやデメリットも紹介!


スポンサーリンク

ケイマツモトです。

大学生といえば恋愛

 

そして憧れといえば

大好きな彼氏、彼女と同棲

という方も多いのではないでしょうか?

 

同棲をすれば一緒にいられる時間が長くなるし、毎日一緒に寝て、朝を迎えられる。

まさに愛し合っている大学生カップルにとってはいいことばかりなイメージですよね!

ただ大学生の同棲には思わぬデメリットも潜んでいます。

ケイ
結構辛いこともあるんすよね><

同棲をスタートさせてからでは遅いので、今回は彼女との同棲歴計2年の僕から大学生の同棲のメリットとデメリットを経験談込みで紹介していきます。

大学生カップルの同棲率はどれくらい?

まず気になるのが大学生のカップルは一体どれくらいの割合で同棲しているのってことですよね!

地方国立大学生である僕が地方国立大学の友人カップルに調査したところだとなんと同棲率は

驚異の70%!

ただこの数字は地方国立大学だからといえるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【驚きの同棲率】地方大学生カップルはなぜ同棲を選ぶのか?実態を調査してみた!

2018.10.14

一般的な大学生の同棲率を調べると

8.3% 参考:スタディサプリ「憧れだけど…。同棲している大学生ってどれくらいいるの? <大学生実態調査>

との結果になりました。

全国的にはだいたい10組に1組くらいの割合で同棲をしているようですね。

ではここから2年の同棲歴がある僕が感じる同棲のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

大学生カップルの同棲のメリットとは?

長い時間を一緒に過ごせる!


同棲をすると朝から夜寝るときまでずーと一緒にいることになります。

特に付き合いたてのカップルとかだと「ええ、こんないいところがあったんだ!」とか「うわ、こういう嫌なところがあるのか」など相手のことを知る機会が増えます。

長く付き合おうとするともちろんいいところばかりだけ見ていてはダメで、悪いところも知らなければうまくは行かないので、そういう面で同棲は一役買ってくれます

冬の寒い時期などは一人で布団に入るときほどさみしいことはありませんよね?

そんなときに大好きな人が隣にいるだけであったかい気持ちになりますよ〜!

家事の分担や協力ができる!


家のことで最もめんどくさいのが家事ですよね。

特に男性の場合は料理をするのが面倒であったり、女性の場合は洗濯をするのが苦手な人が多いものです。

そんな時に同棲をしていると得意なところと苦手なところを分担することができたり、一緒にやったりすることができます

特に面倒なお皿洗いなんかは協力してやるとすぐ終わりますし、話しながらやるとそれほど苦にはなりませんよ。

また食費などもたくさん買って、一気につくると抑えることができるので同棲のメリットの1つと言えます。

相手の家に行かなくていいから楽


お互いに一人暮らしであればどっちかの家に行かなければ家でのデートはできません。

家の距離が離れていると行くのにも結構めんどくさいですよね?

ケイ
忘れ物とか、緊急で必要なものがあった場合のつらさたるた。

ただ同棲をしていると家の間を行き来する必要もありませんので楽です。

一緒に勉強できる


大学生にとて面倒なのが試験勉強。

特に一人暮らしの大学生はダラダラして、気がついたら試験前日なんてこともよくありますよね〜。

ケイ
まあやる気が出ないこと、出ないこと。

そんな時はカップルで「何時から何時に一緒に勉強するぞ」と決めてやるとやる気が出て、できるものです。

僕自身も一緒に家でやることで、なんとか試験勉強をこなしていましたね〜。

同じ学部、学科だと最強。笑

大学生カップルの同棲のデメリットとは?

メリハリがつかない


ずーと一緒にいることで「どこからが私生活で、どこからがデート」なのかよくわからなくなります。

もちろん毎日がデート気分を続けられるならいいのですが、なかなかそうは行かないでしょう。

やっぱり同じ場所に行くにも1週間ぶりにデート行くのと、毎日一緒にいてデートに行くのでは嬉しさが変わってきます。

自分の時間がない


一人の時間も大切」と考えている人にとってはかなり辛いです。

僕も別に喧嘩したとか、嫌いになったとかではなくて急に一人になりたいと思うことがけっこうな頻度であります。

そこで「ちょっと外出てくるね」と言って外に出ようとすると

「え、私なんかした?」

「なんで?」

と言われることがあるのですが、それが結構めんどくさい。

こっちはすぐに外に出たいのに、出させてくれないというデメリットも有ります。

食費や生活費の計算が面倒


大学生の同棲のデメリットの一つとしてお金に問題があります。

大学生の場合は収入にほとんど差がないので、面倒なポイントです。

特に少しマンネリ化している時や喧嘩している時になると支払いが遅れたり「お前のほうがシャワーの時間が長い」だの「ご飯たくさん食べるのはあなた」だの色々と問題が吹き出します。

なので付き合う前にはしっかりとルールと計画を立てていないと結構後でめんどくさいことになりますね。

喧嘩・別れた時が厄介


住んでいることろが同じだと逃げ場がなくなってしまんですよね

特にめんどくさいのが別れた前後。

別れる前の気まずい空気感の中で一緒に過ごす苦痛とうと人知れず、別れた後の荷物の撤去などは相当メンタルに負担がありますよ。

まとめ


大学生カップルの同棲にはメリット・デメリットがたくさんあります。

僕は大学生活のうち計2年間は彼女と同棲していましたが、今はしばらく同棲はしたくないと感じています。

というのも「僕には合っていない」という点が一番、大きいですね。

ただ経験として同棲はいいものですし、結婚を考えているのであればお互いをよく知るきっかけになると思います。

なのでこれから同棲を本気で考えている大学生はしっかりと同棲中と同棲後のイメージをして、事前にお互いにルールを作って確認しておくことが大切です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク