【実はキツイ】大学生の一人暮らしのメリットとデメリットは?【経験談あり】


スポンサーリンク

高校生や大学への入学を控えている方は

大学生になったらすぐに一人暮らしをしたい!」とウキウキしていることでしょう!

実際、僕も高校生の頃は早く親から解放されたかったし一人暮らしに憧れを持っていました。

そこから数年経った今僕は実家にいますが一人暮らしに戻りたいかと言われると答えは

経験としてはよかったと思いますが、「NO!」です。

大学生の一人暮らしにはいいことも悪いこともあります。

一人暮らしを初めてからでは遅いので本記事では僕が実際に感じた一人暮らしのメリットとデメリットを紹介していきます。

【最高!】大学生の一人暮らしのメリット5つとは?

多くの方は高校生までずっと親と一緒に暮らしてきて晴れて大学の進学と同時に一人暮らしをすることがあるでしょう。

僕自身も同じように18年間親と兄弟と暮らしてきて初めての一人暮らしはワクワクどきどきしていました。

そこで実際にしてみて感じたメリットを5つ紹介します!

親からの解放!自由が手に入る

大学生の一人暮らしのメリットその1はやはり親からの監視の目がなくなり、自由な自分だけの時間が手に入ることではないでしょうか?

どうしても実家でくらしていると親から何か言われたり、兄弟との喧嘩など精神的な開放感が得られません。

特に高校生の時期は思春期もあり「何としても一人暮らしをしたい」と思う方が大半でしょう。

一人暮らしは

朝、何時に起きても

遅くまで起きてても

グータラしていても

たくさんお菓子を食べていても

何も言われることがありません。自分が好きなように生活ができることがいい点ですね!

ケイ
初めの頃は嬉しすぎてずーとゲームしていた思い出があります笑

料理・家事などのスキルがアップ

大学生の一人暮らしのメリットその2は料理や家事のスキルがアップするということです。

どうしても毎回外食するわけにもいかないので自分で自炊をします。

また洗濯も自分でしますし、部屋の掃除もすることになります。そうすると必然的にできることが増えていきます。

よく言われるのが社会人になってから初めて一人暮らしをすると大変というのは、慣れない社会人と慣れない家事を同時にこなさなければならないからです。

また男性の場合も女性の場合も結婚して家族ができた時に家事くらいできないと冷たい目で見られますよ?

ケイ
僕はできてカレーまでですけど笑 でも一人で生きていける!

友達との時間が作れる・宅飲みができる

大学生の一人暮らしのメリットその3は友達との時間が作れるということでしょう。

大学生と聞いてイメージするのは友達と夜遅くまで語り合ったり、ゲームをしたりする情景でしょう。

お互いが実家であれば家庭次第ではありますが、友達を呼びにくかったり、行きづらかったりしますよね!

一人暮らしであればそんなこと気にせずに好きなだけ遊ぶことができます。また家で飲み会ができるのもメリットの一つですね!

ケイ
お金のない大学生はお酒を買って家で飲むのは当たり前!

彼氏・彼女と同棲もできる

大学生の一人暮らしのメリットその4は彼氏や彼女ができた場合にたくさんの時間を共有できるようになるということです。

大学生の醍醐味と言えば男女の関係でもあります。

例えば彼氏・彼女ができて、デーをしても実家で帰らなければいけないとなれば少し寂しい気持ちになりますよね。

ただ一人暮らしであれば時間と人目を気にすることなくその愛を深めることができます。

またこんな記事もまとめていますのでぜひご覧くさい!

【驚きの同棲率】地方大学生カップルはなぜ同棲を選ぶのか?実態を調査してみた!

2018.10.14
ケイ
メンズ諸君であれば連れ◯みだってできるしね

すごくいい経験になる!

大学生の一人暮らしのメリットその5はすごく良い経験になるということですね!

今まであげたメリット4つもそうなのですが、一人で暮らしてみるという経験をすることは

  • 自分について考える時間をしっかり取れる
  • 家事の大変さを知るので親に感謝できる

という感覚も得られるようになります。

特に僕は一人暮らしで母親の偉大さを感じ、実家に戻ってきた今では積極的に家事を手伝うようになりました。

家族の大切さは身にしみますね。

【辛い】大学生の一人暮らしのデメリット4つとは?

一人暮らしをすることはもちろん良いことばかりではありません。ならではのデメリットもたくさんあるんです。

そのなかでも僕が経験してみて感じたデメリットを4つ紹介していきます。

生活費が異常にかかる

大学生の一人暮らしのデメリットその1は思っている以上に生活費がかさみ、余裕のないキツキツの生活を送らなければならないことがあるということです。

よく芸能人などがテレビで「学生時代はもやしを食べて過ごしました。笑」と言っていますよね。

割とその通りなんです。

実家で暮らしていた時は食費はもちろんかかりませんし、洗剤やシャンプー、コンディショナー、ティッシュ、トイレットペーパーなども買ってこなかったでしょう。

ただこれ全部自分で購入しなければならないのです。

となると何も考えずに買いまくったり、外食だけしていると気がついたらお財布の中は小銭だけなんてこともありますよ笑

ケイ
水道・光熱費が結構高い。毎月5千円以上はかかるw

【年間250万?】大学生の一人暮らしの生活費はどれくらいかかるの?【大学生活調査】

2018.12.08

料理・家事が大変、しなくなる

大学生の一人暮らしのデメリットその2は思っているよりも料理と家事が大変でしなくなるということです。

親はそつなくこなしているように見えますが、やってみると本当に大変

特に料理を作るまでは良いのですが、その後の後片付けと食器洗いが本当に苦でしかないです。

外食に頼るとお金がかさみますし、不健康になっていきますしね。

またうかうかしているとどんどん部屋が汚くなっていきましす、定期的にゴミ出しをしないとすぐにゴミ屋敷になりやすいですよ笑

ケイ
ゴミの分別とゴミ収集の日程が結構めんどくさい。

寂しくなる時がやってくる

大学生の一人暮らしのデメリットその3は一人でいると突然の寂しさが襲ってくることです。

実家暮らしから一人暮らしになってすぐや、友達が帰った後などは特にです。

また何か辛い時があった時にも「ただいま」を言ってくれる人がいない家はより辛さを増してくるでしょう。

ケイ
特に大学に友達ができないと結構ヤバ目。

引きこもりがちになる

大学生の一人暮らしのデメリットその4は誰からもなにも言われないのでだらけてしまったり、家に引きこもりがちになってしまうことです。

せっかくの楽しい大学生活を家の中で過ごしてしまうのは非常にもったいないのですが現実はそうなのです。

大学に通い出すと全く授業に出なくなる友人がいたり、1日や2日は当たり前に家からだなくなることもあります。

そうすると気持ちが沈んでしまったり、時間の無駄になってしまうので要注意です。

まとめ

大学生の一人暮らしは非常に良い経験にはなるもののしっかりと自分を律しないと辛い時間になってしまったり、無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

また一人暮らしは思っている以上にお金がかかるので、一人暮らしをしたいと考えている高校生や大学生は

どれだけの生活費がかかって

自分でどれだけ稼がなければならないのか

を計算する必要があります。

ただ親のありがたさやすごさを感じることができて、家事のスキルもつくので一度経験してみてはいかがでしょうか?

僕はもうしばらくは実家でお世話になりたいと思っています。笑



スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です