【年間250万?】大学生の一人暮らしの生活費はどれくらいかかるの?【大学生活調査】


スポンサーリンク

こんにちは!ケイマツモトです!

大学生になったら一人暮らし」そう考えてウキウキしている高校生も多いと思います!

僕も大学に通っている間は一人暮らしをしていました。

ただ大学生の一人暮らしの大きな問題は生活費ですよね。

本記事では

  • 大学への進学を控えている高校生
  • 国立か私立で悩んでいる高校生
  • 一人暮らしをしようか迷っている大学生
  • 高校生や大学生の子供を持つ親御さん
に向けていったいどれくらいの生活費がかかるのかを調査しましたので、僕の経験談も踏まえて参考にしてみてください!

大学生の一人暮らしの生活費はどれくらい?

大学生の生活費を国立と私立の場合に分けて分析すると下記の表になります。

 実家暮らし一人暮らしその内の授業料 
国立大学1,090,100円1,743,500円500,400円
私立大学1,759,400円2,492,500円1,022,200円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

私立大学の一人暮らしが圧倒的に高いことが見て取れますね。

詳しく分析していくために国立大学と私立大学の大学別で一人暮らしにかかる生活費を見ていきましょう。

国立大学で一人暮らしをする場合

国立大学に通っている大学生が一人暮らしをしようと思うと生活費は

年間約170万円かかります。そのうち授業料は50万円〜60万円ほどになります。

なので単純な生活費は約100万円強使うことになります。

私立大学で一人暮らしをする場合

私立大学に通っている大学生が一人くらいしをしようと思うと生活費は

年間250万円かかります。そのうち授業料は100万円です。

つまり単純な生活費は約150万円ほど使うことになりますね。

国立大学と私立大学で授業料を除いた生活費が違うのは「私立の多くは都内に集中しており、家賃が高いから」という理由によるでしょう。

地方国立大学の一人暮らしの場合

参考として実際の僕の場合の毎月の生活費も載せておきます。

  • 家賃:2万円
  • 水道光熱費:5千円
  • 食費:3万円
  • そのほか費用:1万円

合計:6万5千円

ケイ
地方の国立大学といっても結構生活費はかかってきますね〜。ただ家賃は安い!

総括:結構高い!

大学生の一人暮らしは精神的な負担も大きい一方でかなりの生活費がかかってきます。

なので家庭の状況が厳しい方は実家から通えるようであればまずはそうすることをお勧めします。

その上で自分でしっかりとアルバイトをして生活費をまかなえるようになれば経験として一人暮らしを初めて見るのもいいかもしれませんね!

また国立大学か私立大学かで迷っている受験生もいったい4年間でいくらくらいかかるのかを分析してみてください。

ただ最終的にはお金は関係なく自分がいきたい大学に行くことが一番大切ですよ!



スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です