【200万?】大学生の一人暮らしの仕送りの額はどのくらい?その他の収入は?


スポンサーリンク

こんにちは!大学4年のケイマツモトです!

 

大学生の一人暮らしにとって親からの仕送りは大切です。

 

というのも大学生の1年間の生活費はおよそ250万円もかかってくるからです。

参考記事>>>【250万も】大学生の一人暮らしの生活費を調査してみた結果!

 

ほとんど大学生は全てを自分で払うことができません。

なので親からの仕送りやアルバイト、奨学金からの収入がどれくらいあるのかが重要になります。

本記事では

  • これから大学生になる高校生
  • 高校生や大学生の子供を持つ親御さん
  • これから一人暮らしを考えている大学生
に向けて

大学生の一人暮らしの仕送り額の平均とその他の収入(アルバイト、奨学金)の総額をまとめましたので参考にしてみてください!

大学生の一人暮らしの仕送りの額はどれくらい?

大学生の一人暮らし、実家暮らしの仕送り額を

国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学1,177,000円627,900円
私立大学1,727,800円1,020,100円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

大学生は平均で

年間約110万円ほどの仕送り

を受けていることがわかります。

 

月間に換算すると約10万円ほどの仕送りでの収入があることになりますね!

ケイ
僕の感覚からすると多い気がします笑

 

国立大学の一人暮らしの仕送り額

110万円

私立大学の一人暮らしの仕送り額

170万円

と国立と私立だと大きな差があるようです。

私立のが大学は都内に集中していることから、家賃に当てられることで差が生まれていると考えられますね!

大学生のアルバイトでの収入はどれくらい?

大学生の一人暮らしと実家暮らしのアルバイトによる収入額を

国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学291,700円330,200円
私立大学332,600円400,600円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

大学生全体としての年間での

平均年間約110万円ほど

のアルバイトでの収入が親の仕送りとは別でがあるようです。

 

月で計算すると約3万円ほど。

毎月の仕送りが約10万円ほどということを考慮すると妥当な収入ではないかと思いますね!

参考記事>>>【大学生】アルバイトをしている割合と人気のアルバイトを調べてみた【経験談】

大学生の奨学金での収入はどれくらい?

大学生の一人暮らしと実家暮らしの奨学金による収入額を

国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学334,200円202,000円
私立大学447,500円376,700円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

学費の高い私立大学で一人暮らしの学生が奨学金を多く利用している傾向にあるようですね。

 

一人暮らしにかかる費用を仕送りで賄えない場合は奨学金を使うのが有効のようです。

 

奨学金は借金だという考え方があります。

ただ高額の学費を支払わなければならない私立大学の学生や家庭の事情によっては安い金利で借りられるので、積極的に利用したすることをお勧めします。

大学生の仕送りを含めた収入額は平均約200万円ほど

大学生の収入源としては先に挙げたように

  1. 仕送り
  2. アルバイト
  3. 奨学金

の3つが主な柱となります。

 

平成26年度学生生活調査(JASSO)によるとその収入の合計額は

約200万円ほど

になるとのことでした。

 

ただ私立大学に通う一人暮らしの大学生の年間の支出額は約250万円にまでのぼるので仕送りの額を増やすのか、アルバイトを増やすのか、奨学金を借りるのかを考えないといけませんね。

まとめ:大学生の一人暮らしの仕送りは必須

ということで国立大学と私立大学の実家暮らしの大学生と一人暮らしの仕送り額と収入額をまとめました。

 

大学生はもちろんアルバイトをすることができますが、それだけでは賄えません。

大学生の一人暮らしの場合などは特に仕送りが必要です。

 

ただ家庭の事情もあると思いますので、しっかりと収支のシミュレーションをすることが大切ですね!

参考記事>>>【250万も】大学生の一人暮らしの生活費を調査してみた結果!

 

関連記事

>>>【大学生】一人暮らしのメリットとデメリットは?【経験談】

>>>【意外】大学生の一人暮らしの割合は?実態を調査してみた!

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク