【年間200万円?】一人暮らしの大学生の仕送りの額はどのくらい?アルバイトや奨学金の収入は?


スポンサーリンク

こんにちは!ケイマツモトです!

一人暮らしの大学生にとって仕送りは非常に大切になってきます。

【年間250万?】大学生の一人暮らしの割合は?生活費はどれくらいかかるの?【憧れの一人暮らし】でまとめましたが大学生の1年間の生活費(学費を含まず)ではおよそ100万円ほどがかかります。

ほとんど大学生にとって生活費100万円は自分で払うことができませんし、加えて学費も払うと年間で250万円を超えることもあります。

そうなると親からの仕送りやアルバイト奨学金からの収入がどれくらいあるのかが重要になります。

今回は

  • これから大学生になる高校生
  • 高校生や大学生の子供を持つ親御さん
  • これから一人暮らしを考えている大学生
に向けて一般的な一人暮らしの大学生はどれくらいの仕送りを受けていて、どれくらいのアルバイトの収入や奨学金があるのかをまとめましたので参考にしてください。

一人暮らし大学生の仕送りの額はどれくらい?

大学生の一人暮らしと実家暮らしの仕送り額を国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学1,177,000円627,900円
私立大学1,727,800円1,020,100円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

大学生は平均で年間約110万円ほどの仕送りを受けていることがわかります。

つまり月間に換算すると約10万円ほどの仕送りでの収入があることになりますね!

ケイ
僕の感覚からすると多い気がします笑

また国立大学と私立大学では年間で約40万円〜50万円ほどの金額の差があることがわかります。

大学生のアルバイトでの収入はどれくらい?

大学生の一人暮らしと実家暮らしのアルバイトによる収入額を国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学291,700円330,200円
私立大学332,600円400,600円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

大学生全体としての年間での平均は約35万円ほどのアルバイトでの収入があるようです。

月で計算すると約3万円ほどになります。

毎月の仕送りが約10万円ほどということを考慮すると妥当な収入ではないかと思いますね!

【大学では教えてくれない】大学生がバイトをしなくてもいい6つの理由

2018.08.12

大学生の奨学金での収入はどれくらい?

大学生の一人暮らしと実家暮らしの奨学金による収入額を国立大学、私立大学別にまとめてみたのが下記の表になります。

 一人暮らし実家暮らし
国立大学334,200円202,000円
私立大学447,500円376,700円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

やはり学費の高い私立大学で一人暮らしの学生が奨学金を多く利用している傾向にあるようですね。

奨学金は借金だという考え方がありますが高額の学費を支払わなければならない私立大学の学生や家庭の事情によっては安い金利で借りられるので積極的に利用したすることをお勧めします。

大学生の年間の収入額は平均約200万円ほど

大学生の収入源としては先に挙げたように

  1. 仕送り
  2. アルバイト
  3. 奨学金

の3つが主な柱となります。

平成26年度学生生活調査(JASSO)によるとその収入の合計額は約200万円ほどになるとのことでした。

一方で学費も合わせた生活費も年間で約200万円ほどなので大学生はかつかつで生活をしていることになります。

ただ私立大学に通う一人暮らしの大学生の年間の支出額は約250万円にまでのぼるので仕送りの額を増やすのか、アルバイトを増やすのか、奨学金を借りるのかを考えないといけませんね。

まとめ

ということで本記事では国立大学と私立大学の実家暮らしの大学生と一人暮らしの大学生の収入額をまとめてみました。

特に一人暮らしをする場合には国立でも私立でも150万円以上はかかってきてしまうので家庭の状況を見ながらどのようにまかなっていくかを考えていかなければなりません。

これから大学受験を控えている高校生は自分がいきたい大学に行くことを優先しつつも、そこで学費や生活費がいくらくらいがかかるのかをしっかりと計算しておく必要があります。



スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です