【マジ?】大学生の一人暮らしの割合は?実態を調査してみると・・・


スポンサーリンク

こんにちは!ケイマツモトです!

 

A太郎くん
大学生になったら一人暮らしをするぞ!!

 

そんな一人暮らしへの強い憧れを持った方も多いのではないでしょうか?

 

そうはいってもお金の関係もかかるし、なかなか難しいのも事実。

 

そこで気になるのが大学生が一人暮らしの割合ではないでしょうか?

なので本記事では

  • これから大学に入って一人暮らしを始める高校生
  • 今後一人暮らしを考えている大学生
  • 高校生や大学生の子供を持つ親御さん
  • 国立大学と私立大学で迷っている受験生

方向けに

大学生の一人暮らしの割合

を僕の経験談も交えて分析するのでぜひ参考にしてみてください!

大学生の一人暮らしの割合は約4割!?

下記の表を見ていただくとわかりますが、

大学生は約40%の割合で一人暮らし

をしているようですよ。

実家暮らし一人暮らし
56.5%43.5%
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

大学生=一人暮らしと思いがちですが

実際には多くの学生が実家から大学に通っているという現状があることがわかりますね。

 

ただこの数値は国立大学と私立大学の大学生のトータルした数値です。

大学別に一人暮らしの割合を見てみましょう!

国立、私立別に見た割合は?

 

 実家暮らし一人暮らし
国立大学31.3%68.7%
私立大学63.3%36.7%
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

国立大学の一人暮らしの学生・・・・約70%

私立大学の一人暮らしの学生・・・・約35%

 

という統計が出ています。

 

私立大学の大学生のほとんどは実家から通っている

国立大学の学生の多くは一人暮らしをしている。

 

ということがわかりますね!

ケイ
僕は地方国立大学でしたが学生はほとんど一人暮らしをしていましたね!

この国立と私立の大学生の一人暮らしの割合の差には学費と生活費が大きく関係してるようです。

詳しく見ていきましょう!

大学生の一人暮らしにかかる費用は?国立と私立で比較

大学生の学費と生活費を国立と私立の場合に分けて分析すると下記の表になります。

 実家暮らし一人暮らしその内の授業料 
国立大学1,090,100円1,743,500円500,400円
私立大学1,759,400円2,492,500円1,022,200円
参考:平成26年度学生生活調査(JASSO)

 

国立大学の実家暮らし・・・・約100万円

国立大学の一人暮らし・・・・約170万円

 

私立大学の実家暮らし・・・・約170万円

私立大学の一人暮らし・・・・約250万円

 

国立大学と私立大学で年間の学費と生活費、

また実家暮らしと一人暮らしでは大きな差が生じていますね。

 

つまりこの差が国立と私立の大学生の一人暮らしの割合の差を生んでいるのだと思われます。

 

私立大学の学生はやむおえず実家暮らし

先ほどの表を見てもわかる通り、

私立大学の約65%の学生は実家から大学に通っています。

 

これは一人暮らしには年間250万円もかかるのが理由だと言えそうですね。

 

4年間で換算すると計1000万円近くかかることになります。

一般的な家庭の状況から見ても実家から大学に通うのがいいでしょう。

参考記事>>>【250万も】大学生の一人暮らしの生活費を調査してみた結果!

大学生の一人暮らしの仕送りはどれくらい?

大学生のバイトだけでは、授業やテスト、サークルなどもあり、一人暮らしの生活費全ては賄えません。

なので普通は仕送りが必要になります。

 

普通の大学生は平均で

年間約110万円ほどの仕送り

を受けているとの統計があります。

 

大学生は仕送り以外にバイトなどで、

平均年間約110万円ほど

の収入があるようです。

 

ただこれも国立か私立によっても額は大きく変わってきます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
>>>【200万?】大学生の一人暮らしの仕送りの額はどのくらい?その他の収入は?

大学生の一人暮らしはいつ始めるべきか?

大学生にとって一人暮らしの経験は非常に大切です。

しかし、家庭の状況も鑑みないといけません。

もし本当に一人暮らしを始めるとすれば

 

ではいつ始めるべきなのでしょうか?

 

それは家と大学の距離によって変わってくると思います。

大学が家から通える距離の場合(1時間が目安)

家から大学に電車やバスなどを使って通える場合、一人暮らしを始める目安は

大学に慣れ始めて、かつバイトも安定している2~3年の間がいいと思います。

 

というのも大学1年生はやはり、まず大学に慣れなければいけません。

また必修科目も多くあり、勉強もある程度する必要があります。

 

そこで一人暮らしをして、むりに生活費を稼ぐためにバイトをしてしまうと、勉強もバイトも遊びも中途半端になってしまいます。

実家から通えればそれだけ、お金を安く済ませられますからね!

ただ一人暮らしをしたければ、2~3年で始めるのがいいでしょう。

大学が家から通えない距離の場合(1時間以上)

私立大学に通う大学生の一人暮らしの割合が低いといえども、1時間以上通学に費やすのはもったいないです。

僕の友人で新幹線を使って実家から大学まで通っている学生がいました。

彼はそれだけでも精神的にも肉体的にもきていましたねw

 

その上、時間終電の時間もあるので友達と遊ぶことも少なく、大学が楽しくなさそうでした。

なので1時間以上かけて通学しなければいけない場合は、大学1年生から一人暮らしを始めるべきであると思います。

 

もちろん家庭の状況もあると思いますので、その辺りは家族と相談する必要がありますが。

 

人暮らしをしたいけど親が説得できない場合!
>>>「一人暮らししたい」親を説得するにはどうしたらいい?【学生の場合】

まとめ:大学生=一人暮らしではない

大学生だから一人暮らしというイメージを持っている方も多いと思います。

ただ現実はそうでもないようです。

 

国立大学の大学生の場合は学費が安いために一人暮らしをしている割合も高いですが、

私立大学の場合は学費が高いので、家庭の状況を見て判断することが多いということのようですね。

 

一人暮らしを迷っている方はまずは実家から通うことをおすすめしますよ!(通える距離であれば)

 

関連記事>>>【キツイ】大学生の一人暮らしのメリットとデメリットは?【経験談】



スポンサーリンク



スポンサーリンク