自己分析で「自分がわからない」と悩んでいる大学生は今すぐやめて外に出よう!【就職活動】


スポンサーリンク

就職活動の時期になるとみなが業界分析をし始めたり、OB・OG訪問したりと慌ただしくなっていきます。

そのなかでももっともくせ者なのが

自己分析

やればやるほど自分がわからなくなり、挙げ句の果てには「そもそも自己分析ってなんで必要なん?」と途中で投げ出してしまう人もいるほどです。

その気持ちすごくわかります!

僕も就活の途中でなんども自分ってなんなの?と思いなんども自己分析をし直しました。でも結局、違和感を残したまま就活を終えてしまいました。

就活を終えていろいろと考えた今思うことは、机に向かうのではなくて外に出ていろいろと挑戦と経験をした方がいい自己分析になるということなんです!

なので本記事は就活の際に「自分がわからない」と自己分析で悩んでいる大学生に向けて書いて行きたいと思います。

そもそも自己分析は必要なのか?


就活生のみなさんは自己分析の必要性を感じていますか?

周りがやっているからと流れに任せてやっていませんか?

本来自分のためにするべきである自己分析の意味を見失っているのが今の就活だと思います。「業界分析」「企業研究」と並んで作業的な印象ががありますよね!

でも自己分析って結構大切なことなんです!

自己分析の必要性はどこにあるのか?


社会に出て働くということはもちろん「お金」を稼ぐ為でもあります。そもそもお金がなかったら生きていけませんからね!

ただ「お金」稼いだその先に何があるのか?

もしくはそのお金を稼ぐという行為のモチベーションはどこにあるのか?と就活生の皆さんは考えてみてください。

社会に出て、会社に入って働くということはもちろん楽しいことばかりではありません。

理不尽を言われることもあるだろし、そりが合わない同期や上司に無理を言われることもあるでしょう。高すぎるノルマを課されることもあるでしょう。

苦しくなったり、長く働いていると「自分がこの仕事をなんで、なんの為にやっているんだっけ?」という疑問が湧いてきます。

そんな時に自己分析がしっかりとできていると「自分本当に好きな仕事だから」とか「自分がやりたいと思っている仕事だから」と自分の原点に立ち返ることができて、モチベーションを保つことができます

逆に自己分できができていない人は「自分がやる意味がない」という結論にいたってモチベーションを維持するのが難しくなってしまいます。

いつの間にかやっている仕事が苦になってしまうのです。

机の上でだけでは自己分析はできない、外に出よう!


自己分析では本を買って机の上で何か作業をすることが多いと思います。

でもやってもやってもやっぱり「よくわからない」という就活生も多いと思います。

そんな時は自己分析をやめて外に出てみましょう!

自己分析ができない人とすんなりできる人

自己分析ができない就活生とすんなりできてしまう就活生がいます。

その違いはなんだかわかりますか?

それは何かに挑戦した数と経験の数の違いです。

自己分析は結局過去に自分がしたことやどういった選択をしたのかという自分の共通項を探っていく作業になります。

なので共通項をさぐる経験の数の母数が少ないと自分が見えてこなかったり、自己分析の精度が低くなります

そうなると「自分ってこんなだっけ?」という違和感が出てきてしまうのです。

なぜ挑戦と経験の数で自己分析ができるのか?

挑戦と経験の数を積んできている人はもちろん「自分がやりたい」と思ってやっているわけです。

でも挑戦してた中にも「あ、やっぱこれ好きじゃない」とか「自分に合ってない」とか「これは好き」という判断を下していきます。

その「嫌い」と「好き」が積み重なっていくと自然と「自分はこういう人間なんだ」と認識していくことができます

また就活の際の自己分析の時に分析できる過去の自分が多いので比較的楽に自分がわかります。

挑戦と経験って具体的にはなに?

挑戦と経験って言われても具体的にはなに?と思うでしょう。

簡単にいうと外に出ることです!

外に出るというのは

  • 人と話す
  • 友達と遊ぶ
  • 旅行する
  • イベントに出てみる
  • 図書館で勉強する、本を読む
  • 新しい趣味を始めてみる
  • アルバイトをしてみる
  • 留学してみる

などなどたくさんありますよ。

そのどれもが挑戦と経験です!

新しくやってみて「あ、これ合ってないかも」や「これ好きかも」ということを少し意識しておくだけでそれだけでも立派な自己分析になります!

もし今自己分析で悩んでいる大学生がいればぜひその手を止めて、外に出に出てみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です