大学退学で超炎上!デメリットを理解した上での退学なら自由じゃね?と思う


スポンサーリンク

ケイマツモトです。

最近とある女子大生がTwitterで

大学退学します!フリーランスになります!

と宣言してその投稿が炎上しました。

「頑張って!」「応援している!」

との声がある一方で

両親に申し訳ないだろ!」「大学は絶対に卒業したほうがいいでしょ!

という批判的な意見も多く見られました。

そこで今回はこの件について僕が考えることをお伝えします。

前提として大学の退学は本人が決めたことである

まず前提として

大学の退学は本人が決めたことであり、そこには本人の何かしらの理由や決意があって退学という選択をしたということをわかっているべきだと思います。

確かに自分の経験上何か言いたいというのはそうかもしれませんが、その人の人生を他人がしかもTwittter 上の見ず知らずの人がとやかくいうことではないでしょう。

大学を退学することのデメリットも結構大きい

まず日本で大学を中退することには下記のデメリットを伴います。

それは

  • 大学卒業という学歴を得られない
  • 就職活動で不利になることもある
  • それまで使ってきた時間とお金が無駄になる
  • 大学退学に偏見の眼差しを向けられる

これは全く本質的ではないですが、日本社会では日本ならではの大学退学によるデメリットを被ることになります。

もちろん能力や実績があればなんの問題もないのですが、そうでない場合はリスクを伴うことになります。

僕の場合

僕はやりたいことがあって大学を2度休学していますが、退学はしません。卒業します。

というのも大学は人の信頼をお金で買える1つの手段であると感じているからです。

具体的には大学を出ていると

  • 第三者的な評価になる
  • 卒業してデメリットはない

と思うからです。

また僕の場合は将来海外で働く可能性があるということも理由にあります。

海外で働こうと思うと就労ビザが必要となります。その際の条件として大学を卒業していることが求められることがあるのです。

なので大学を退学することは自分の可能性を狭めてしまうことにもつながるので卒業したいと考えています。

人の生き方によって大学の意味合いは違ってくる

人によっては大学は無駄な時間と感じる人もいるでしょうし、逆に専門性を付けれらる期間と場所であると思っている人もいます。

自分の人生をどう生きたいかによって、大学の意味合いは違ってきます。

なので今回Twitterで炎上した女子大生は

「大学は自分の人生にとって意味のないものだ」

と感じで退学の決断をしたのであればそれは賢い判断と言えます。(本音は知りませんけどね。)

なので姿勢として応援してあげるのがいいのではないかと思っています。

まとめ


おそらくTwitterで匿名で批判している人のほとんどは非常に古典的な考えを持っているかリテラシーが低いかのどっちかなので気にする必要はないと思います。

ただ一方で大学の退学で批判されるのが日本的な考え方でもあるということは一応頭には入れておいた方がいろいろな方とお話をする際にはいいかもしれませんね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク