【自己紹介】ケイマツモトって誰なん?人生をエピソードと共に大公開!

こんにちは!このブログ「体育会系文化部」を運営しているケイマツモトです!

これからの生き方を考える”というテーマで大学やインターン、英語、お金のこと、起業など経験を交えて発信しています。

まだまだ当ブログを訪れてくれる方は本当に、本当に少ないのですが、みなさまのお役に立てる情報を提供できるように毎日、試行錯誤しております!!

よろしくお願いいたします!

さて今回は僕(ケイマツモト)について

ケイ
みんな興味あるのかな?笑 でもまあやっとくか!!

スポンサーリンク

ケイマツモトの基本プロフィール

基本情報
  • 群馬県高崎市出身
  • 1995年(平成7年生まれ)の23歳
  • 地方国立大学4年(現在休学中)
  • 男子高校ラグビー部出身
  • 苦手なものはパクチー(あれはカ◯ムシだよね?)
  • タイが大好き

周りからはよく「何を考えているのかわからない」と言われます。

性格はいたって穏やかで、ここ10年くらい怒ってません。(←まじです)

行動先行型です

また僕を一言で言うとブログの由来でもある「体育会系文化部」です。

体育会的なノリの良さと、行動力はありながらも、必要な時は頭ではしっかりと考えられるタイプだと思っています。

気になる経験人数は、、、聞いてないか!!笑

まあざっくり、こんな感じです!

ではこれからは少し過去を振り返りたいと思います。

まさに生き地獄!男子高校時代

中学生の時はそこそこ成績が良かったので群馬では偏差値が高い男子高校に入学しました。(今時珍しいですよね笑)

男子高校にはたくさんのイカれた伝統がありました。

例えば体育館にコンドー◯が大量に宙を舞う日があったり、1年生には登校初日で先輩方から行われるありがた〜〜〜〜い行事があったり、、、あとで記事にまとめますね。

プラスして「無茶だけど無理じゃない」とかいう謎の標語があって、徹底的に文武両道を行わされました。

朝は7時に家を出て、部活が終わって帰ってくると22時という生活が続いていました。

相当のメンタルが鍛えられましたね。

友人に誘われラグビー部に入部

友人に誘われたことがきっかけで、初心者ではきついと言われるラグビー部に入部しました。

高校時代はラグビー命でした。

その甲斐もあって、高校としては27年ぶりの関東大会に出場!しました。

が僕というとミス、ミス、ミスの連続でいい見せ場無し。。。(メンタル弱いので笑)

当時は171cm 80kgという体のデカさ!!!(ケイマツモトa.k.a 胸筋おばけ

大学受験の失敗。そして暗黒時代の幕開け

「センター試験って人生においてなんか意味あんの?」ってことを考えてしまったのと

部活で右手をセンター試験の3ヶ月前に骨折したことが決定打となり、

f:id:mk29291029:20180828212948j:plain

みるみる成績は下がっていき、高校の最後の方の成績は300人中290位とか、、、。

当時は全く笑えませんでしたし、バカにされていました。

浪人は性格的に無理そうだと判断し、当時の成績で行けた限界の「地方国立大学」へと入学。

友人は東大、京大、東北、北大などへ行っていたので、学歴コンプレックスに陥りました。

これが大学時代での闇を引き起こすとは、、、。

スポンサーリンク

底辺から始まった大学時代

学歴コンプレックを大学3年まで引きずりました。

今のケイ
長すぎな!!!!!!!馬鹿か!笑

3年間本当になんにもやる気が出なくて、充実感のない大学生活を送っていました。

バイトも初めてはすぐにやめてを繰り返していたのでほぼニート同然でしたね。

大学自体もつまらなく、友達もそんなにできずに、、、家の中にこもってました。唯一頑張ったことは飲み会。

特技は逆立ち日本酒飲み。←


(大学2年の時かな?調子に乗ってるw)

今考えれば無駄な時間と、無駄な出費ですよね。もったいない。ありえない。

変わりたい!海外インターンシップへ

さすがにこのままではろくな人間にならないと悟った時にちょうど友人が「海外インターンに行ってくるわ!」とカンボジアへ行くと聞きました。

俺の人生を変えるにはこれしかない!!!!」と直感的に思った僕は

その日のうちに行くことを決意し、大学に1年の休学届けを出して、英語もできないままマレーシアへ。

この決断が人生をいい方向へと導きました

>>>【マレーシアインターン】仕事内容、スケジュール公開します!【ブログ】

インターン中はもう本当色々色々やりました。仕事はもちろん、遊びも!

タイで死ぬほど法人営業

先ほど紹介した記事に詳しいことは書いてありますが、インターンシップでの仕事は営業でした。

特にタイの不動産開発業社の新規開拓を任されていました。

朝からタイの暑い気候の中黒いスーツにしっかりとネクタイを閉め、1日最低5件のアポは回っていました。

タイには中華系の血が混ざっている人がいて、彼らは結構商売上手で毎回「もっと安くならんのか?」とさんざん言われていましたね。

負けじと交渉はしましたが、やはり中国の血はすごいと実感しました。

パタヤに泊まり込みで飛び込み営業

こういうコンドミニアム(マンション)を開発している会社を見つけては「Hellooooooo」って行ってガシガシ入り込んで営業してました。

ただ問題点が一つ。スタートアップ企業で働いていたのでコスト意識が強く、パタヤでもっとも安いだろうホテルに泊まっていました。

そのホテルはなんとクラブの上にあったので、ガンガン音がうるさくてしょうがなかったのが思い出ですね。

もちろんクラブの上のホテルなのでみなさん連れ込んで夜がお盛んなこと

ケイ
いろんな意味で寝られるはずがない!!笑

英語力0からの初めてのナンパ

仲良くしていたインターン生に「どうしたら英語できるようになるか」を聞いたところ、「ナンパしかねーだろ!」と胸を張って言うので時間がある時はクアラルンプールの街に繰り出しました。

忘れられません。

ナンパで初めて話しかけたのはけっこうイケイケな感じの西洋人。

カタコトの英語で「Hello. Do you wanna drink with me?」と。(今考えると無理ありすぎww)

それからというもの友人と暇さえあればクアラルンプールの夜の街へ飛び出し、「いかに女の子を捕まえるのか」を考えていました。

その甲斐あってか英語力はみるみる上昇。営業力もちょっと上昇。

Tinderで女性と出会いまくる

当時インターン生内でTinder が流行っていたので、みんな死ぬ気でやっていました。そこで初めてのセフ◯なるものができました。

もちろん英語はTinder で鍛えましたし彼女もTinderで!

など、ブログではかけないようなこともたくさんやってきました。

結果として英語力、営業力、行動力、メンタルが死ぬほど鍛えられましたね

人生は一度きり。悔いのないように

人生は一度きり。悔いのないように。」なんて言われ飽きているし、皆さんも頭ではわかってはいるはずです。

ただ実際にそう思って生きている人は少ない。

ただ僕の場合は大学受験を失敗して、学歴コンプレックスになって、自信がなくて閉じこもっていた時期が長いことありました。

大学生という素晴らしい時期にたくさんの時間と機会を無駄にしました。

その経験があって、人生は一度きりなんだから自分のやりたいことに正直にならないと本当にもったいないなと強く思うようになりました。

なので今の自分のテーマは「自分に正直に生きる」ということです。

「僕のように人生もったいない思いをして欲しくない!」

そんな思いでこのブログを始めました。

ケイ
さんざん遊んだ話して、急に真面目か!

スポンサーリンク

これからどうするのか?

僕は1度就職活動をして、内定もいただいていました。

ただインターンのスタートアップの熱い経験と小学生の時からの夢である「社長になる」ことが忘れられず、自分の気持ちに正直になり起業することにしました。

内定先の方には大変申し訳ない気持ちでたくさんですが、お断りしました。また1年の大学の休学もし地元の高崎に帰り、事業を行っています。

まとめ

今回はざっくりですが、僕の自己紹介と人生についてを書かせていただきました。

正直まだまだ刺激が足りていない状況ですし、まだまだ未熟者です。

「お前、甘いよ!」と思うことがあると思います。その通りでございます。愛のあるご指摘はウェルカムなのでどしどしコメントください!!

これからもみなさまに「体育会系文化部」を楽しんで読んでいただけるように尽力していきますので、よろしくお願いいたします!



スポンサーリンク



スポンサーリンク