マレーシアインターンにおけるビザの注意点【海外インターンシップ】

スポンサーリンク



読んで欲しい人
日本の大学に通う大学生で、マレーシアにインターンシップに行こうと考えている方もしくは今マレーシアでインターンをしている方

海外留学エージェントの間でマレーシアでのインターンシップは特に注意されることがなく、学生に斡旋されています。

しかしそこにはビザの問題が隠されています

実は日本人の大学生は許可なしにマレーシアでのインターンシップはできないのです。

もちろん観光ビザでインターンを行うことも禁止されています。

今回は日本の大学に通う大学生に向けて、マレーシアでインターンシップを行う際のビザに関しての問題について書いていこうと思います。僕も知らずにエージェントから紹介され、マレーシアでそのことに気がつき、不安な日々を送りました。

ビザとは何か?パスポートとの違いは?

ビザとは日本人にはあまり馴染みのない概念ですが、渡航先の国が発行する入国許可書になります。ビザには様々な種類があり、観光ビザや、就労ビザ、インターンシップビザなど目的によって発行されるものが異なります。

パスポートは政府が発行しその人の身分や国籍などの証明になるほか、入出国の際にも必要となります。

例えば海外で就労したいと思った場合にはパスポートの他にその国から発行された就労ビザが必要になります。

日本から海外に観光に行く場合は事前に観光ビザを必要としない場合が多く、日本人にはあまり認知されていませんが、
通常他の国に行く場合には目的別のビザの申請が必要になります。

マレーシアのビザ

マレーシアには観光の目的であれば最大で180日間、滞在することができます。ただ180日間には条件があり、90日以内に他の国に出国し戻った場合に限ります。

つまり、マレーシアに90日間、出国し他の国に行き、またマレーシアに90日間いられるトータルで180日間ということです。

マレーシアの観光のための滞在であれば観光ビザを特別申請する必要はありません。パスポートのみで入国ができます。

ただしインターンシップは仕事なので就労ということで就労ビザが必要になります。観光ビザではありません。

マレーシアでインターンシップができる学生

基本的にマレーシアでインターンシップをできる人は政府から許可が出ている人に限ります。

2つのタイプの人がいて、

  1. マレーシアの大学に通ってて許可が出ている大学生
  2. 海外の大学に通っておりSocial Visit Pass (Internship)を保有している学生

上記に限られています。

Social Visit Pass (Internship)とは

・7日間以上の休暇の間のみ許可

・週に20時間まで

・就労できるのは次の業種のみ。Restaurants, petrol kiosks, mini markets and hotels

・事前に学校を通して移民局に申請する必要がある

引用:就職@海外 ~ 新卒 転職で海外で働こう「マレーシア就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)

またマレーシアでのインターンシップは有給と決められており、無給のインターンシップはできません。

マレーシアでインターンシップができない学生

基本的にはマレーシアで合法的にインターンシップをできない人がほとんどです

先にあげたSocial Visist Pass(Internship)は条件が非常に厳しく、日本の大学生はほとんど取得することができません。またこのビザの期間も3ヶ月のみに限られています。

つまりほとんどの日本の大学生はマレーシアでの長期でのインターンシップをすることができないのです。

マレーシアでインターンシップをしたい学生

マレーシアでインターンシップをしたい人はSocial Visit Pass を頑張って取得するか、観光ビザで入国して、合法ではないながらもインターンシップをするほかありません。

今までマレーシアでインターンシップをしてきている学生のほとんど(相当数いると思われますが)は観光ビザで働いてしまっている状態です。

なぜ入国ができるのかというとイミグレーションで「観光のため」と答えているということと日本人であるという信頼のもと入国が許されています。

ただ一部記事によると現在マレーシアでの入国の審査が非常に厳しくなっているとのことです。

注意
観光ビザでマレーシアでインターンシップをして、何か不利益を被ることがあっても自己責任でお願いします。僕は一切の責任を負いません。

ビザなし入国の最悪のケース

観光ビザを使ってマレーシアでインターンをしていることが万が一ばれてしまった場合にはマレーシアへの入国禁止や日本への強制送還が行われるそうです。

まとめ

実際、マレーシアでのインターンシップは今人気です。ただ一方でビザの問題は非常に大きな問題です。

マレーシアでのインターンシップはビザの問題を考えればお勧めはできません。ただそれでもしたいという学生は、ビザの問題と最悪の事態を想定した上で、インターンをすることをお勧めします。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です