【本音公開】地方国立大学(駅弁大学)のメリット・デメリットを解説

スポンサーリンク



こんにちは!国立大学4年のケイマツモトです。

地方国立大学への進学を志望している方や他の理由で進学をする方は、「地方国立大学って実際どうなの?」って気になるところだと思います。

地方国立大学に入学して6年目にもなると僕だと長く在籍しているからこそ見えてくるリアルを知っています。たしかに噂やイメージだけだといい印象はないと思います。でも実は「そんないいところあるの?」というメリットもたくさんあるんです。

今回は地方大学6年目の僕から地方国立大学のメリット・デメリットを本音で紹介するので大学を選択する際の参考にしていただければと思います。

地方国立大学(駅弁大学)とは?


地方国立大学(別名:駅弁大学)は1946年の学制改革以降に新設された旧帝国大学を除いた、地方にある大学のことをさします。

旧帝国大学とは北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学の7つ大学のことです。

ちなみに地方国立大学は別名で駅弁大学とも言われています。これは新設された大学が急速に増えていき、駅では必ず売っている駅弁になぞらえてそう呼ばれているそうです(少しバカにした言い方でもあるようです)。

主要な地方国立大学の在籍学生数は

広島大学(10,887)千葉大学(10,670)新潟大学(10,308)

岡山大学(10,167)筑波大学(9,944)信州大学(9,127)

鹿児島大学(8,970)山口大学(8,702)静岡大学(8,602)

愛媛大学(8,228)富山大学(8,127)熊本大学(7,922)

金沢大学(7,851)山形大学(7,546)長崎大学(7,481)

琉球大学(7,284)埼玉大学(7,016)茨城大学(6,976)

三重大学(6,066)徳島大学(6,050)佐賀大学(6,004)

弘前大学(5,995)岐阜大学(5,705)香川大学(5,661)

島根大学(5,359)群馬大学(5,122)北海道教育大学(5,033)

大分大学(4,985)高知大学(4,949)岩手大学(4,725)

宮崎大学(4,708)秋田大学(4,360)

引用:「数学作ってみた」各大学の在籍学生数(2017年5月1日時点)

地方国立大学には意外な人が多かった!それは?

地方国立大学の在籍者を出身地別目的別人間特性別に分けてみました!

出身地別に分けた場合

大学によって差があるので一概には言えないですが、地方国立大学に在籍している学生は

県内出身者・・・60%
県外出身者・・・40%

くらいの割合で在籍しています。

意外にも県外出身者は多い印象です。このため地方大学でもたくさんの方言が飛び交っていていますし、出身地ごとに人の特性が似ていたりして結構面白いんですよね。

ケイ
いろんな方言の影響を受けて新しいなまりを生み出すことが多い笑

目的別に分けた場合

なぜ地方国立大学に入学したのかという目的別に学生を分けてみると

地元の大学だから・・・・・・60%
第一志望に落ちたから ・・・20%
家庭の事情・・・・・・・・・20%

くらいの割合ですね。第一志望の大学に落ちて後期で入学してくる学生も多く、一般的に開示されている偏差値以上に頭がよく優秀な人材も豊富です。

人間特性別に分けた場合

地方国立大学ってどんな人がいるのかというと

パリピ・ウェイ系・・・10%
意識高い系・・・・・・ 5%
普通の大学生・・・・・70%
勉強熱心系・・・・・・10%
所在不明系・・・・・・ 5%

といった感じですね。いわゆる普通の大学生っぽい大学生がほとんどを占めています。

パリピ・ウェイ系は少数で、大体は経済・経営学部にいますね。入学式以来姿を見せなくなる所在不明系の大学生も結構多いです。

ケイ
経済学部は卒論がないところもあり、ヒマ経(ヒマな経済学部)と揶揄されています。

地方大学のメリットはズバリ4つ!

では本題に入りたいと思います。地方国立大学のメリットは下記の4点にあります。

  1. 各費用が安い
  2. 地方就職に強い
  3. 勉学に集中できる
  4. 簡単に1番を取れる

費用が安い

費用が安いというのは地方国立大学の大きいメリットではないでしょうか?

一般的に学費に関して国立大学と私立大学を比較すると

【国立大学の学費】
入学料:約30万円
授業料:約55万円(×4年)
合計:約250万円

【私立大学の学費】
入学料:約25万円
授業料:約90万円(×4年)
合計:約385万円

くらいの学費の差が出てきます。

また地方国立大学であれば

家賃:約2万円
食費:約3万円
合計:約5万円+α

くらいで一ヶ月間生活できてしまいます。

地方就職に強い

地方国立大学は圧倒的に地元の就職には強いです。特に地元の金融機関や民間企業の採用の多くは地方国立大学の学生が占めています。

OB・OGも多く大学の就職のサポートも手厚いので、将来地元に住んで就職して働きたいと考えている人には大きなメリットになります。

勉強に集中できる

もししっかりと勉強をして専門知識を身につけたかったり、大学院まで考えている方は地方国立大学はおすすめです。

なぜかというと地方という環境は遊ぶ場所も少なく、周りも真面目な学生が多いので悪い誘惑に流されることが少ないからです。

また人もそれほど多くないのでカフェや図書館に行っても東京のように混雑しているということもなく、静かな環境でしっかりと集中して勉学に励むことができます。

1番を取りやすい

地方国立大学は真面目な学生は多いものの、1番を絶対にとってやるという意思の強い学生も少ないのも事実です。

なので勉強なり課外活動を頑張っていると必然的に1番をとることができます。目立ちたいと思っている方には良い環境ですし、東京での就職活動を行う場合でも1番という数字は魅力的に映ります。

地方国立大学のデメリットはいかに?


地方国立大学のデメリットは

  1. 大学がつまらない(講義、留学)
  2. 面白みがない(コンテンツ、人)
  3. バイトの選択肢が少ない、時給が低い
  4. 東京就活では不利

という4点が挙げられます。詳しく見ていきましょう。

大学がつまらない

地方国立大学は一言でいうとつまらないです。

・講義に関して
講義はは毎年同じ内容・構成で、教授陣にも面白い方は壊滅的にいません。また将来役に立つような講義は一切ありませんし、今後開設されることもないでしょう。

ケイ
声を大にして言いたい!授業料分くらいの価値は出して欲しい!

・留学制度に関して
留学をしたいと思っても大学が留学に対してそれほど積極的ではありません。大学側から提供されている留学の情報は非常に限られていますし、提携先の海外の大学も多くはありません。

英語を本格的に勉強したいと思っている人にとって、地方国立大学は魅力的とは言えませんね。

面白いことがない

地方というだけあって、面白いことがほとんどありません。東京では毎日のように交流会やイベント、サービスがある一方で地方にはなく、閉鎖的でつまらない環境です。

将来のためになにかを意識を高くやりたいと入学前に思っていても、地方の刺激の少ない環境に自分が流されてしまうというデメリットがあります。

仕事の選択肢が少ない。時給が低い

地方国立大学は地方にあるというだけあってバイトの選択肢が少なく、時給が低いということが特徴です。一般的な学生は飲食店のバイトがほとんどで、僕がいる地域では時給が800円あれば良い方です。

やりがいを持って働けるバイト先を見つけることは難しく、かつお金も稼げないというのが現状です。

東京就活で不利

地方国立大学の学生が東京で就活をしようと思うと不利です。

こちらに地方大学生の就活の実情を解説したので合わせて読んでみてください!

地方大学生の東京就活が不利な理由とその対策を紹介!【就職活動】

2018.10.01

簡単にまとめると地方大学生の就職活動は金銭的な面と情報格差のために壁が多いです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

僕が大学の6年間を過ごしている地方国立大学には様々なメリット・デメリットが存在しますので一概に地方国立大学が「良い」とか「悪い」とかは言えないのが本音です。

ただわかっていることは大学の選択は自分が将来「どこで、何をしたくて」をしっかりと考えた上で決めていくのがベストかと思います

皆さんが、素敵な進路選択ができることを願っています!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です