地方大学生の東京就活が不利な理由とその対策を紹介!【就職活動】

スポンサーリンク



こんにちは。地方国立大学4年のケイマツモトです!

「地方大学生の東京就活は不利だよ」という噂をよく耳にしますがこの噂はいったい本当なのか気になりますよね?

東京で就活を経験した僕から結論を言わせてもらいます

学生の中には地方とか関係なく大手企業や超優秀な人材が集まるベンチャー企業に何社も受かっている人もゴロゴロいるので本人の能力とやる気次第ではあります。ただ

地方大学生の東京就活は不利ということは確かです。

ではなぜ地方大学の就活は不利といえるのかとその対策を本記事では徹底的に解説していきます。

地方大学生の就職先内定率は◯%?!


まず地方大学の就活の状況がどうなのかということを実際の数値を追って見てみましょう。

厚生労働省のによれば、
地域別にの就職の内定状況は

関東地区:88.2%

近畿地区:88.2%

中部地区:87.1%

北海道・東北地区:84.6%

九州地区:80.1%

中 国・四 国 地 区:78.7%

参考:厚生労働省「平成 29 年度大学等卒業予定者の就職内定状況の調査

という数値が出ています。ここでわかることは関東地区に比べて、地方の大学生は内定率が低いということです。

この調査では「東京で就職活動をしている学生」だけではなく、「地方で就職活動をしている学生」も入っているので、東京で就職活動している学生だけに絞ると、より内定獲得率はより低くなっていると考えられます。

地方大学生の就活が不利な理由は金銭面と情報格差にあった


地方大学生の就活がなぜ不利なのかの理由は2つ考えられます。

金銭面

金銭面は地方大学生にとって大きな問題です。

マイナビによると・・・

就活費用の比較

関東の学生:7万円代
地方学生:15万円代

参考:マイナビ「就活費用累計額は平均10万超 – 大都市圏と地方で差

地方の学生は関東の学生よりも2倍以上の費用がかかっていることがわかります。

説明会や面接のたびに就活費用がかさみ、そのせいで就活活動自体に制限がかかってしまうことが不利になる原因になります。

情報格差

関東と地方の学生では就職活動の情報の量に格差が生じています。

具体的に言うと就活のセミナーやイベントがないこと、企業の新しい情報が入ってこないことによります。また地方には学生の東京就活を支援している企業がほとんどないことも原因の1つです。

就活は情報戦です。いかに多くの情報を早く持っているのかが鍵となりますが、情報格差や、周りの学生の就活への意識の低さが地方大学生の就活を不利にしています。

地方大学生にもチャンスが!それは?


近年日本の少子高齢社会の影響を受けて、東京の企業は新卒の採用に苦戦しています。いわゆる売り手市場になっているのです。地方学生にとってもチャンスな状況が訪れつつあります。

つまり東京の企業は東京の学生だけでは採用したい数を賄えないので、地方の学生にも採用の領域を広げてきているということです。

具体的な企業の例をあげると、デジタル広告で業界トップを走るAbema TVでおなじみのサイバーエージェント。サイバーエージェントは新卒の採用において地方大学生の採用を強化しています。

地方でのインターンや選考などを通して、新卒採用の約半数を地方出身にしているようです。
参考記事:新卒採用において、地方大学生の採用を強化

サイバーエージェントはあくまで1つの例ですがこの地方大学生の採用の流れはますます加速していくでしょう。

ケイ
僕の大学からも何人も内定をもらってましたね〜。みんなすごい。

地方大学生として活かせる強みとは?


地方大学生であることは考え方によっては大きな強みにもなります。強みを理解して、就活を行うのと行わないのでは差は明らかなので、僕が東京での就活を通して感じた地方大学生の強みを紹介していきます。

ハングリー精神

地方大学生が東京に行くというのは一大イベントです。行くまでには往復の交通費や宿泊費、予定の合間のカフェ代だってバカになりません。また時間は限られています。

東京に上京するとお金がかかり、時間も限られているので「絶対に結果を残そう」という強い気持ちになります。予定も余すことなく詰めて下準備もしっかりとしていくでしょう。

採用側からしてみれば準備を十分にしてきて、集中力を高く保っている方を採用したいと思うので地方大学生はそのマインドが評価に繋がります。

ケイ
東京にいる日は1日に3件以上は予定を入れておこう!

地方大学という希少性

説明会や選考会、イベント行くと就活生のほとんどは東京の学生です。いわゆる早慶上智、MARCH の学生は頻繁に見かけます。

就活ではいかに採用の印象に残るかも勝負になってきます。

地方大学の就活生は珍しいので話のネタにもされやすく最初のつかみとしては有効です。かつ出身が同じだったりするとそれだけで印象に残ってきます。

無知であること

無知であることは就活の場面でよくないことと思われがちですが考え方によっては、強みにもなります。

東京の学生であれば就活の情報と経験量が多く、うまくいくと調子に乗ってしまうことがよくあります。その状態になってしまうと良い印象は与えませんよね。

日本の就活市場で評価されるのは態度がよく謙虚で、なんでも質問してくれる明るい学生です。なので「自分は無知だから学びに行こう」と割り切ってなにごとも積極的に参加することが強みになることもあります。

【内定ゼロ】東京就活で内定がもらえない地方大学生の4つの問題点【就職活動】

2018.10.06

【就職活動】地方大学生の東京就活でも多くの内定をもらえる人の4つの特徴

2018.10.06

地方大学生はどんな就活の準備をすればいいか?

 インターンに参加する

就活前に1度社会に出て働くという経験をしておいた方が良いです。

就活とは自分が社会に出た後にどのような人物になりたいかを決めていくことでもあります。もちろんアルバイトでも働く経験は得られますが、企業の中で働く経験をしておくべきです。

東京でのインターンの方が情報量や様々な人がいることから好ましいのですが、できなければ地方で行われているインターンでも十分です。

ケイ
地方でのインターン探しはむずかしいけど、大学の先生に聞いてみると紹介してもらえることもあるよ!

大人と話す機会を作る

働いている大人ならまずは誰でも良いのでなるべく多くの大人と話す機会を設けましょう。

社会に出ている大人は学生にはない経験や知識、価値観を持っておりまた「働く」ということに長く向き合っているのでたくさんのアドバイスをもらえます。

もちろん就活の面接などでは大人と話さなければなりません。緊張してしまうと本来の自分が出せなくなってしまうので、大人との会話に慣れるためにもぜひ機会を作ってみましょう

大人と話す機会がとれて就活の相談ができるのがマッチャーというサービスです。

このサービスは就活生と社会人のマッチングのサービスで就活生は自分の就活の悩みを社会人のお願いに答えることで相談できるというものです。自分の会いたい職種、企業の方と無料で会うことができるので、登録しておくべきサービスです。

東京に行く前に登録をしておきましょう!

色々な経験をしておく

就活の場面では「自分がどのようになりたいのか」という将来像や「なにをしたいのか」というやりたいこと。それらは様々な経験がないとわかってきません。

自分が色々な経験を重ねていく中で、「好きなもの」「嫌いなもの」がはっきりしてきます。また人にない経験をしておくことも大切で他の就活生との差別化をはかることができます。

何か1つでも自分という人間が伝わるエピソードがあるといいですね!

営業100件?マレーシアインターンシップの内容を公開する!【海外インターン】

2018.08.18

まとめ

地方大学生が東京での就活で不利になることは金銭面と情報格差です。ただ地方大学という事実は変えようがないので他でどうカバーするか決め手になってきます。

今回紹介した地方大学生の強みも理解しながら、自分の個性を出して就活をしていけば全く東京の学生に劣っているなんてことはありません

ケイ
同じ大学生には変わりないので!

納得のいく就活になるように願ってます!

もし何か質問等があればコメント欄かTwittert等で絡んでください!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です