【元学歴コンプレックス】大学受験に失敗した僕を立ち直らせた考え方

スポンサーリンク



こんにちは。ケイマツモトです!

皆さんは大学受験うまくいきましたか?
希望の大学に入れましたか?
浪人していますか?

僕は大学受験に失敗しました。希望の大学には程遠い大学に入りました。

今は大学に入れてよかったと思うし、人生を楽しく過ごせています。ただ大学入学後は3年間も学歴コンプレックスを引きずりました人生が楽しくなかったです。

もし今大学受験に失敗して落ち込んでいる人や大学に入ったのはいいものの学歴コンプレックスで気分があがらない人が読んでいれば声を大にして言いたい。

そんなことで悩んでる時間はもったいない!どこの大学に入るかではなく、自分が何をするかが問題!

結局大学受験に失敗しても考え方次第で人生楽しくなるし、学歴なんて社会に出てしまば関係ないんですよね。

結果を出した者、人生が楽しい者が勝ちなんです。(そもそも勝ち負けもないです)

今回は大学受験に失敗しても人生が楽しい僕から大学受験に失敗した方学歴コンプレックスの方に向けて大学受験に失敗してから僕がどのようにして立ち直ったのかと人生に対する考え方を共有していきたいと思います!

大学受験に失敗して僕は学歴コンプレックスに


僕は現在地方国立大学に在籍しています。

出身の高校は群馬県で常に1位か2位の高校でした。過去に総理大臣を4人も輩出しているような名門校でした。

なので周りの友達はモンスター急に頭のいい奴らばかり。

東大、京大、一橋大、北大を目指すのは普通のことでした。もちろん僕もそこを目指していましたし高校3年の前半までは目指せる位置にいました。

そんな僕がなぜ大学受験に失敗したのか?

ケイ
今となっては単なる言い訳だけどね!

部活をセンター試験2ヶ月前までやっていた

ラグビーを本気でやっていました。僕の代は公立の高校では珍しく強かったのです。

春の大会で準優勝をし高校として21年ぶりの関東大会に進むまでになっていました。みんな本気で全国大会を目指していましたし僕も行けると思っていました。

普通の高校生は3年生になる前から部活を引退するのに対しラグビー部の場合は11月まで試合がありました。高校ラグビーの全国大会は花園と言って、12月に行われるのです。

それはセンター試験の2ヶ月前です。

勉強ができないのことを部活のせいにするのはカッコ悪いですが、毎日部活が終わって家に帰ったら22時。クタクタで次の日の授業の予習をすることで手一杯でした。

11月までみるみる成績は下がっていき300人中100番くらいをキープしていた僕はついに290番くらいまでに落ち込んでいました。

ケイ
さすがに担任の先生にも心配されまくった笑

センター試験2ヶ月前に右手を骨折した

それは全国大会をかけた大会が始まる数週間前の練習試合のことでした。今でも覚えています。茨城県のとある高校。

非常に体格が良く、ひときわ目立っている選手がいました。

彼がボールを持ってこちらに走ってきたので僕はタックルをしました。しかし彼の勢いは凄まじくタックルをした瞬間にすっ飛ばされました。

転んだ時に反射的に手をつくと「ポキっ」と小さな音がし、よく見ると小指が脱臼していました。すぐに病院い行くと腕が骨折、小指が脱臼でした。

大会の前に、センター試験の前に最悪の事態でした。

しかも僕の利き手でペンを持つ右手


(実際の写真)

センター試験の無益さに気がついてしまった

そんなこんなでペンを持つことができなくなった僕は覚えること中心にをしようと心がけました。

ペンを使わないので手を動かして集中することができず、何かと変なことを考えてしまうことが多くなったんです。ふと「センター試験って受けて、何か人生の中で意味あるのか?」という問いが僕に降ってきました。

成績が下がっている、右手が骨折している僕は余計に負の方向へ向かっていき、結論として「センター試験は意味がないからやらなくてもいい」という考えになってしまいました。

そして学歴コンプレックスの闇へ

まあ色々ありましたが親にも迷惑かけたくなかったし大学は行きたいと思ったので、センター試験を受けましたが結果はボロボロ。

行ける大学のなかで一番よかったのが今の地方国立大学。結局は現役で受かりましたが

ただ
恥ずかしかった。
みんなに馬鹿にされた。
学歴コンプレックスになった。
大学が楽しくなかった。

そんな風になってしまいました。

気がついたら大学3年にそして転機

学歴コンプレックスで気分が上がらないまま大学生活を続けていたら気がついたら大学3年生にが終わろうとしていました。

ケイ
今考えたら相当やばいし、もったいない

ただこのままじゃさすがにやばいと思い、思い切って海外インターンに行くことを決意しました。この決断がその後の人生を大きく変えることになりました。

営業100件?マレーシアインターンシップの内容を公開する!【海外インターン】

2018.08.18

この他にも色々な経験を経て、いろんな人を見てきて僕の考え方がガラリと変わっていきました!

学歴コンプレックスなんてやめて今を楽しもう!

自分の人生が楽しければそれでいい!

結局学歴って他人からの評価でしかなんですよね!

あなたの人生は誰のものですか?

学歴があっても毎日死にそうな顔で働いて「ヒーヒー」言っている人はいますし、学歴がなくてもお金を稼げて楽しんでいる人もたくさんいます。

他人からの評価を気にするんじゃなくて、自分の人生をどうしたいかを考えましょう。

どこの大学を出たかではなく、何をしたか?

どこの大学を出たかでは全くありません。そこで何をしたか、何を身につけたかが大事になってきます。

ちなみに僕の高校時代の友人で東京大学を卒業した人も、大学時代の思い出は飲み会という人もいます。

昔は僕が「東大羨ましいな」と言っていましたが、今は彼が「お前の人生羨ましいな」と言ってきます。

社会では結果>学歴

社会に出れば結果を出した者勝ちです。いい大学に出身でも結果が出せなければお荷物です。

「いやでも、今社会で活躍している人は高学歴の人が多いでしょ?」っていう人がいますがその通りです。

だって結果を出せる人は努力ができる人なわけですから、高学歴の人はそこに行くまで人の何倍努力ができる能力を持った人です。結果を出している人が努力ができる人なので割合的に高学歴な人が多いです

でも学歴がなくても努力次第では結果は出せますよね?

大学受験を失敗した人はこう考えよう!


大学受験を失敗して落ち込んでいる人は考え方を変えましょう。

僕の場合は「高学歴のやつに下剋上してやる」と思ってやってきました。だって学歴低い奴が高い奴に結果で勝てたら嬉しくないですか?例えばその基準が地位とか年収とか車とか。

まあ最初はそんな感じで下剋上とかでやったると思うと「むしろ大学受験失敗してよかったじゃん!」と不思議と思えてきて、モチベーションも上がっていきます。

ある程度結果が出せるようになってくるともっと目線が高くなってきて、「いかに社会にインパクトを与えるか」とかを考えるようにもなってきます。

だから最初は「下剋上してやる」というマインドでいいと思います。考え方次第で物事はどんどん好転していきますよ!

まとめ


今大学受験を失敗して悩んでいる人も学歴なんか関係ないですし、学歴コンプレックスなんて今すぐやめたほうがいいです。

そんなことよりも今や将来をどうやって楽しむかを考えたほうがかっこいいし、楽しくないですか?

もしこの記事が悩んでいる人の助けになれば嬉しいです。

では!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です