【恐ろしい理由】インターンを紹介してくれるエージェントには注意しろ!【海外インターン】

スポンサーリンク



こんにちは!マレーシアインターン帰りのケイマツモトです!

今回は海外インターン先の会社を斡旋してくれる仲介会社(エージェント)を利用する際の関する注意について書きます!

これから海外インターンをしようと思っている方はどのようにインターン先を探そうと思っていますか?具体的には見つけ方は自分で探してくるか仲介会社を使うかの大きく2つがあります。

僕の場合はインターン先を斡旋してくれる仲介の会社(いわゆるエージェント)を使いましたが、

使ったことを本当に後悔しています

友人の多くもエージェントを使ったのですが、みな口を揃えて「海外インターンエージェントは使わなければ良かった」と言っています。

本記事はなぜエージェントを使うと後悔するのか、何に気をつけなければいけないのか、そして使わない場合はどのようにインターン先を探せばいいのかについて解説していきたいと思います。

海外インターンエージェントを使うと後悔する理由とは?


僕がエージェントを使って後悔しているのは

  1. 10万円もかかった
  2. 会社・スタッフが無能
  3. 自分で探せた

という3つの理由があります。

10万円もかかった

僕が使った海外インターン先を斡旋しくれた某東南アジア系エージェントはインターン紹介料+相談料+コミュニティー参加料として合計10万円を請求してきました。

当時の僕は今ほど社会の常識がわからない状態でしたし手持の情報がなかった事、周りに海外インターンに行っている友人がいなかった事から、すがる思いで10万円を疑う事なく払ってしまいました。

ただ今考えると10万円は明らかにおかしな額だったということです。

10万円もあれば・・・仕事に必要なパソコンを買う事もタブレットも買う事も出きます。またエージェントは会社を紹介すること以外価値を出さないからです。

会社とスタッフはだいたい無能

僕を担当していたフタッフの方はなんというか、、、という感じでした。

これ以上はただの悪口になってしまいそうなので書きませんが簡単に言うと僕の話を真剣に聞かずに、話を進めてくるタイプでした。

しかも・・・僕はインターン期間中にビザの問題が発覚し、すごく不安になりました。(多分インターン先は利益を優先しこの問題を事前に言わなかったんだと思いますが)

そのことをスタッフの方に相談しましたが対応は雑

他のスタッフの方は知りませんが、同じような感じなんでしょう。

ケイ
当時は本当に困っていたのに助けてくれなかった。

マレーシアインターンにおけるビザの注意点【海外インターンシップ】

2018.10.18

インターン先は自分で探せた

今では「海外インターンは自分で会社を探す事から始まる」と思っています。

自分で何をしたいかを考えて、「海外 インターン」などでググれば実際にインターン生を募集している会社や「こんな海外インターンしてますよ」といった方のブログなどがヒットするのでそこから直接コンタクトすることもできます。

また海外の会社でインターンの採用をしている実績がない会社でも「インターンさせてください!」と言えばさせてくれるところもあるでしょう。

エージェントに注意するべき恐ろしい理由とは?


結論から言うと「エージェントはあなたを利用してお金稼ぎに走り、本当にあなたに合っているであろう会社を紹介してくれない可能性がある」ということです。

詳しく説明すると、エージェントの会社が存在している理由の1つが利益です。

スタッフの方は情熱的に接してくるでしょうがあなたは言ってしまえば「お客さん」なのです。またエージェントにとってはインターン紹介先の会社も「お客さん」です。

つまりどういうことか言うとインターン生を戦力として考えている会社はインターン生を紹介してくれたことに対して紹介料としてエージェントにもお金を支払う仕組みになっています。

図で表すとこのようになります。

エージェントがあなたに紹介できる企業はA社、B社の2社。

ここで問題はA社、B社はインターン生をどちらも受け入れていますが、会社の大きさが違うので、エージェントへの学生の紹介料はA社が10万円、B社が50万円となっています。

エージェントはあなたの性格や目的から実際にはA社のほうが合っていると考えていますが、B社に紹介したほうが利益がでるのでB社に紹介してしまおうということになってしまいます

これが真実で海外インターンエージェントに気をつけた方がいい理由です。

もちろん中には真剣に考えてくれるエージェントもいますし、エージェントを使うメリットもありますのでその辺をしっかりと理解しておくといいと思います。

ちなみにエージェントを使うメリットとしては

  1. 自分で探す手間が減る
  2. 自分でアプローチできない企業を知っている可能性がある
  3. インターン生コミュニティーに入ることができる
  4. 相談ができる

どうやってインターン先を探せばいいか?方法は2つ

先にも言った通りにどのように海外インターン先を探すかの選択肢は2つあります。

1つめは自分で見つける、2つめはエージェントに頼むということです。

自分で見つける方法では

  1. インターンに行ったことのある友人、知り合いに聞いてみる
  2. インターネットで探す

が手段として考えられます。

私は自分で見つけるということを推しています。つまり自分で企業を探して、実際にコンタクトしてみるということも海外インターンを行なっていく上で必要なスキルであるからです。

ケイ
もし知り合いがいなければ僕でよければ相談に乗れますよ!

まとめ

これから海外インターンに行こうと思っている大学生はエージェントを使うという選択肢が出てくると思いますが、自分で探すこともできます。

ましてやお金がない学生にとってはエージェント利用料は非常に大きな出費になってしまいます。なのでどうしたら自分に合ったインターン先が見つかるのかをよく考えてみるといいと思います。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です