【起業日記】1.「じゃらん」「ゼクシィ」創刊人のくらたまなぶさんに事業相談してきた。

スポンサーリンク



ケイマツモトです。

今日(8月23日)は起業・僕のやりたい事業の相談をしにリクルート出身で「じゃらん」や「ゼクシィ」、「フロム・エー」など14の情報誌を創刊した、業界では有名人のくらたまなぶさんにお会いしてきました。

一言感想から言うと「学びしかないめちゃくちゃ濃い〜1時間」でした。

そもそもなぜこのような貴重な機会をいただけたのかというと、僕が住んでいる新潟市は起業を支援してくれる組織や制度が地方としては整ってます。

僕は故郷の群馬か大学のある新潟かどちらで起業をしようか迷っていたのですが、新潟の方が起業のサポートが厚かったので新潟に決めました。

その起業支援のサポートをしていただける組織の中の1つに「にいがた産業創造機構(NICO)」という公益財団法人があります。HPはこちらから↓www.nico.or.jp

こちらは新潟でこれから起業したい人から助成金を受けたい人、新規事業を始めたいなど様々なフェーズや目的別で相談や支援をしている財団です。

そのにいがた産業創造機構の目玉のイベントが『起業・新事業展開に関する個別相談会「くらたデイ」』で、事前にHPから申し込む事によってくらたまなぶさんに無料で1時間の間、事業に関する相談ができるというものです。

僕が事業に関して相談させていただいて、

  • なぜ起業をしたいと考えているのかについての深堀り
  • 考えている事業に関して
  • 市場調査、マーケィングとは?

等様々な事をご自身の経験を交えながらアドバイスをいただく事ができたのでこれまでにないほど充実した1時間にする事ができました。

これから何をすればいいかが明確になったのでどんどん進めて行きたいと思ってます

僕は10月から本格的に事業に取り組んでいくのですが、まだまだ自分が未熟な上、社会人経験も薄いので、不安でいっぱいです。

ただ統計学的には失敗の確率は高いので、失敗する事(もちろん自分の設定した成功は目指して行きますが)は前提として、いかにモチベーションを高く継続させていけるかを考えてこれから進んで行きたいと思っています。

またこれから多くの人を巻き込んで、仲間も増やして、新潟を盛り上げていければ最高です!

まずは適切な課題設定と奇抜なソリューションが必要かなと思います。

話は戻りますがくらたさんの印象は

  • エネルギッシュ
  • 経験値が豊富
  • ときに厳しくときに優しく

またこれから新潟で起業したいという方でくらたさんに相談してみようよ思っている人はその1時間を有意義にするために

最低限、

  1. 事前にくらたさんという人物に関して調べておく
  2. 自分がどんな事業をしたいのかまとめておく(資料等があると良い)
  3. 現在抱えている問題としたい質問をまとめておく

くらいはしておいた方がいいと思います。

非常に優しく、様々なアドバイスをいただけるので新潟で起業しようと思っている方は無料なので相談するといいと思いますよ。

2018年10月、11月の相談も新潟市、長岡市、燕三条市ですでに受付を開始しているそうなので、申し込んでみてください。

平成30年度:起業・新事業展開に関する個別相談会「くらたデイ」 – にいがた産業創造機構(NICO)

では!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です