男子校出身者へ!大学デビューに絶対に失敗しない方法を教える

スポンサーリンク



どうも男子校出身の元もっさり、大学デビュー失敗組のケイマツモトです!

今でこそネタにできるまでに成長することができましたが、大学入学当初は男子校出身感バリバリに出ていて明らかに挙動不審のコミュ症の大学生でした。

大学に入学する前までの僕はというと・・・

高校生のわい
女の子とお酒飲んで、酔っ払ってー、ゲームしてー、早めに彼女作ってー、同棲してー、一緒に旅行してー、一緒に授業受けてー

と妄想をしていたものです。ただ世界は甘くはなかった
現実は女の子とまともに話すこともできず、目も見れず、「うっす」というだけのファッションもくそダサい大学生

そう男子校出身の僕は大学デビューに失敗したのです。

これから大学への入学を控えている男子校出身の君たちが大学デビューに失敗する確率は90%です。

ケイ
同期の同じような友達をよく見ているから言い切れるよ! 普通にしてたら絶対に失敗する

今回はそうならないためにもそもそもなぜ男子校出身者は大学デビューに失敗するのかという理由を含めて、具体的な対策を紹介していきたいと思います!

かつもくせよ!

なぜ男子校出身者は大学デビューに失敗するのか?

実は僕は大学に6年間います。大学に6年もいると大学でいけてる男やそうでない男、共学出身者、男子校出身者等様々な種類の大学生を見てきました。

なぜ男子校出身者が大学デビューに失敗するのかを真剣に考えたときにある決定的な男子校男子たちの問題を発見したのです。それというのが

男子校の問題点3つ
  1. 年の近い異性と長い期間、話していない
  2. 勉強と部活しかしてきていない
  3. 男子校という閉鎖的な環境

つまり何が言いたいかっていうと、閉鎖的な環境で部活と勉強しかしてこなかったただの男子高校生が、「流行」とか「ファッション」とか「おしゃれ」がうずまく環境に投げ出された瞬間にとり残され、どうすればいいかがわからなくなってしまうということが原因です。

もっときつく言うと、大学生から見た君たちのファッションや髪型は超ダサいよ!まるで中学生。

ケイ
言いすぎたけど、でも全然大丈夫!!

ただ現役男子高校生である君たちにはまだチャンスがあります。

なぜかっていうとおしゃれとかファッションとかは学べばすぐにでもどうにかなるし、大学生になる前にこれから紹介するポイントを抑えればいいだけなので安心してください!

ということで本題に入ります!

大学デビューに絶対に失敗しないためのポイント

男子高校生は閉鎖的な環境の中にいたいわゆる井の中の蛙です。

流行やおしゃれ、ファッションなどの情報は中学生の時からアップデートされていないケースがほとんどです。また大学のことも調べることなく入学してしまうことが問題なので、下に示す5つのことを必ず実践しましょう。

ポイント5つ
  1. 私服をすべて変えろ
  2. 髪型を変えろ
  3. 入学前に情報収取をしろ
  4. 最初のポジション取りは慎重に大胆に
  5. 入学前に中学が一緒の女と会え

私服をすべて変えろ

男子高校生は高校時代は学ランの高校が多いと思います。また休日は学校のジャージということがほとんどですよね。

最後に私服を買ったのはいつですか?その私服本当に大学で通用すると思ってますか?今持っている私服は全てダサいと思ってもらっていいです。大学にそれを着ていったら一発アウトです。

ただ逆に服装は最も簡単にイケてる大学生に近ずけるアイテムです。だって雑誌で紹介されている流行りの服装を買って丸パクリすればいいからです。

個人的におすすめなのは「メンズジョーカー」というファッション雑誌です。

メンズジョーカーは対象としている年齢層は高めですが一般的に女子ウケする「きれい目」ファッションをとい入れることができ、丸パクリすることで一気に大人っぽくなります。

髪型を変えろ

今までクラスには男子だけだったのでさほど髪型を気にしたことはなかったと思いますが、気にした方がいいです。特に野球部で坊主だった人でそのまま伸ばそうものなら一瞬でわかります。

実は髪型を帰ることもイケてる大学生に近ずくための有効な手段です。

どうすればいいかというと少し高いお金を持って、いつもの床屋ではなくきれい目の美容院に行ってみてください。そこで「似合う髪型にしてください」と注文してみましょう。一気に印象が高校生から大学生に変わります。

男性は髪型一つで一気に印象が変わります。

入学前に情報収取をしろ

最近の大学生は入学前にSNS(TwitterやLINE)で先に入学者同士が繋がっていることが多いです。そこで友達を作ったり、大学の情報やサークルの情報を共有したりしています。

いざ入学式に行ってみたらもうみんな一度は会っていて仲良くなっていたなんてこともあるので、情報はしっかりと収集しておいたほうがいいと思います。

具体的にはTwitterのアカウントを作って、「大学名 入学年度」みたいな感じで調べてみてください。Twitter上にアカウントがあったり、すでに繋がって会話している人がいるはずなので、参加しましょう。

実際僕は入学式で友達を作ろうと意気込んで行きましたが、すでにグループが形成されており、どこにも入れずひとりぼっちでした笑

ケイ
思い出しただけで泣きそう。。。

最初のポジション取りは慎重に大胆に

最初のポジション取りは大切です。ポジションというのはどのグループに入るのか、そこで自分がどんな役割になるのかということです。

最初に入ったグループは卒業まで繋がっていることも多く、大学生たちはグループで行動しがちなので、いいグループに入らないとお先が真っ暗です。

逆に初めにいいグルに入ってしまえば定期的に合コンが開かれたり、遊びに行ったりできますし、自分のグループ内の役割によっては良い思いができます。

なので入学式等で自分と波長が愛想でかつ自分よりも少しいけてそうだなというグループに狙いを定めて、自然な形で話しかけるのがいいと思いますよ。偶然を装って隣の席に座るとか。

入学当初はみんな友達を作りたいと思うものなのでそれほど緊張しなくても大丈夫です

入学前に中学が一緒の女と会え

男子高校生の大学デビュー失敗の大きな要因が年の近い異性と長い期間、話していないと説明しましたね。なのでどうにか年の近い異性と話す機会を持とうと思えば、中学の同級生の女の子が手取り早いです

なので中学が共学だった人は何か理由をつけて、一回でもいいので話す機会を作ってあげることで全く入学後のコミュニケーションが変わってきます。

男子校生へ応援・まとめ

いかがだったでしょうか?結構実践しやすそうではなかったでしょうか?

ひとことで言うと流行に敏感に情報収集をしましょう!ということです!

僕は高校では部活と勉強しかしていなくて、大学デビューを盛大に失敗した人間なのでこれを見てくれてた男子高校生にはしっかりと頭に入れて、実践して欲しいのです!僕みたいにならないために笑

もし大学デビューに失敗しても、大学が終わりかといえばそんなことはありません。いつでも自分次第で状況は変えることができます。

ケイ
男子校出身者の魅力もあるしね!

ただスタートダッシュはうまく切れたほうがいいと思うので、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です