営業100件?マレーシアインターンシップの内容を公開する!【海外インターン】

スポンサーリンク



10ヶ月のマレーシアインターンシップ帰りのケイマツモトです!

これから海外インターンシップをする方は自分がどんな仕事ができるのか気になるでしょうし、で「お前はマレーシアで10ヶ月も何してたの?」と疑問を持たれるかたもいるでしょう。

結論から言うと僕は不動産会社に対して営業を行っていました。結果としてはタイの営業担当になってから半年間で100社以上は訪問し、700万円ほどの売り上げを出しました

インターンシップ先を探している方は自分がどんなことをしたいか?できるか?を判断するための材料にしていただければと思います。また現在海外でインターンを行っている方はこんな手法もあるんだと参考にしていただければ幸いです!

では行きますよ〜〜〜!

マレーシアでのインターン先は?

僕は東京に本社に本社をおく不動産領域のITスタートアップのマレーシア支社で働いていました。

会社は日本人には海外の不動産を、外国の方には日本の不動産を紹介していました。いわゆる不動産仲介業ですね。会社の強みは他言語に対応したwebサイトと多国籍のスタッフがいることでした。

僕が働いていた時は創業2年目?とかで「時間意識、コスト意識、行動量!!」と言われながら毎日せっせと仕事をしていました。もちろんキツかった分やりがいは相当大きかったですね。

マレーシア支社では主に東南アジアの新規の顧客開拓をしていました。

インターン中の仕事内容は?

僕はマレーシア支社のタイ営業部門にいました。

営業部門の主な仕事内容は写真のような東南アジアでコンドミニアム(マンション)を開発している会社に対して「日本人にあなたの物件を売りませんか?」と言い、契約と広告料をもらってくることです。

がんばって営業をして、契約をいただけるとその会社が持っているコンドミニアムの情報を日本語にして、日本人に買ってもらえるような施策を打っていきます。

ケイ
単価がうん十万〜うん百万とかで結構苦労したけどね笑

また当時は会社が小さく、予算も限られていたのでインターン生達で営業先のリストを作成し、テレアポをして、ミーティングに行って 、契約をとってくるという一連の流れを任されていました。

※一般的なインターンシップはリスト作りやアポ取りだけさせて、営業は社員が行うという形が多いようです。

具体的には下記の仕事をすべて担当していました。

  1. 営業先リスト作成
  2. テレフォンアポイントメント
  3. 営業
  4. 契約
  5. フォローアップ

営業先リスト作成

営業先リストの作成は営業の最初のステップでした。

具体的にはタイにある不動産会開発業者をインターネットでさがして住所や電話番号などをエクセルのシートに情報を移していく作業です。大きな会社を見つけると「いけるんじゃない?」と思いワクワクします。

単純な作業に見えて結構難しく効率的に調べていかないと時間がかかるので、どのように検索したらヒットしやすいかを考えながら同時にパソコンのショートカットのスキルも身につけて行きました。

テレフォンアポイントメント

いわゆるテレアポです。すべて英語で会話し、アポを取りにいきました。1日50件以上はかけていましたがそれでも少ないと言われていましたね。

もちろんテレアポは嫌がられますが、その分アポイントが取れた時の達成感は半端なかったです!!

補足
「タイって英語通じるの?」と思われるかもしれませんが、タイには海外から移り住んでいる人や働いている人が多く、結構英語は使えます。

営業・ミーティグ

営業は基本的には2人1組で行っていました。1人が説明やヒヤリングをし、もう1人がメモや、サポート役としての役割を担っていました。

ミーティングの時間としては1時間くらいで1日に5件ほどアポイントメントをこなしていました。5件に足りない日は飛び込み営業をして、1日の目標を達成しました。

契約

ぜひ商品を使いたい!」と思ってもらえば契約になります。

契約をし、お金を頂いた際はしっかりとお客様の期待に応えなければならないと身が引き締まりました。

フォローアップ

フォローアップでは契約していただいた企業に現状の報告をしたり、これからどうしたりしようかを話し合います。

また契約してくれなかった企業も契約の可能性が残されている限りはしっかりとフォローをしていきます。

以上を繰り返して毎日行うことで、売り上げを順調に上げていくことができました

インターン中のオフィスでの1日

オフィスでのスケジュールはざっくり下記のような感じでした。

スケジュール

09:00     出社・朝礼

09:10     チームミーティング

09:20     メール返信・資料作成

10:00     テレアポ開始

12:00     お昼休憩

13:00     資料・契約書・記事作成

15:00     テレアポ再開

17:00     チームミーティング

17:10     作業

18:00     帰宅

仕事が終わらなければ残ってやってましたが最低でも22時には家に帰ってましたね。しっかり寝ないと次の日に集中できないタイプなので。

インターン中の営業の1日

(タイ営業で行った会社の持っている不動産物件)

営業(出張)の際のスケジュールは下記のような感じです。

スケジュール

09:00     1件目アポ

10:00     終了・移動

11:00     2件目アポ

12:00     終了・移動・昼食

13:00     3件目アポ

14:00     終了・移動

15:00     4件目アポ

16:00     終了・移動

17:00     5件目アポ

18:00     終了・移動

18:30     作業

20:00     終了

営業の1日はほんとに忙しいです。タイは1年中暑く、日本式のスーツにネクタイスタイルで営業していた僕は帰ってきた時にはクタクタでした。タイの夜で遊びタイ気持ちは抑えて。。。

マレーシアで一緒に働いていた仲間

マレーシアではマレーシア人、バングラデシュ人、モロッコ人、インドネシア人、アメリカ人、日本人など様々な国から来ている多様な仲間と一緒に働いていました。

彼らと仕事をしていると価値観の違いや文化の違いから衝突も少なからずありましたが、色々なことを学ぶことができました。今でも繋がっていて最近の近況やビジネスの話なんかをしています。

ケイ
英語は彼らと話していく中で学んだと言っても過言ではない!

【極秘】Tinderを使って英語力と彼女をゲットした具体的な方法を公開

2018.10.15

まとめ

(営業先の名刺)

マレーシアでのインターンは主に営業に注力していました。「相手が何に困っていて、何を僕らに期待していて」ということを真剣に向き合って、ヒアリングして価値を提供する。それが営業だと実感しました。

海外インターンは自分が成長できるような機会を提供してくれる会社を選ぶことから始まります。ただのバイトにならないように慎重に選んでみてください!

もし何か質問等があればコメントかTwitter でメッセージいただければなんでも答えますよ!

では!

【海外インターン】「参加した」で終わらせないために何を準備すれば良い?何が必要?

2018.08.26

【恐ろしい理由】インターンを紹介してくれるエージェントには注意しろ!【海外インターン】

2018.08.24

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です